物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

本紙ピックアップ

ニューストピックス

さらに表示

行政

地方創生臨時交付金に基づく自治体支援の状況

一覧を見る

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日…

25㍍フルトレ、通行区間2050㌔→5140㌔

 国土交通省は、全長25㍍のダブル連結トラック(フルトレーラ)の通行区間を大幅に拡充する。現在、約2050㌔の区間を約5140㌔と2.5倍に延ばし、北陸や四国、南九州エリアでも走行可能になる。10月に…

国交省/物流大綱KPI、DX・標準化「着手」52%

主な重要項目のKPIの進ちょく

 国土交通省は14日、総合物流施策大綱(2021~25年度)で、施策の達成状況を見極めるため設定した重要事項のKPI(重要業績評価指標)の進ちょく(現状値)を公表した。「物流業務の自動化・機械化・デジ…

「行政」の続きを読む

団体

近畿/燃料高騰対策、市町村に続々要望

沢井松原市長(左から2人目)に要望書を提出する大阪ト協東大阪支部の福塚支部長(右隣)ら(8日)

 【大阪】地方自治体が地方創生臨時交付金を活用した燃料価格高騰対策支援金を事業者に給付する例が増加していることを受け、近畿の各府県トラック協会の支部でも管轄地域の市町村に対して支援金給付の要望活動を行…

姫路西センター協組、パレット洗浄事業を開始

洗浄の仕方について説明する助光専務

 姫路西配送センター事業協同組合(木南一志理事長、兵庫県たつの市)は、事業再構築の一環としてプラスチックパレット洗浄サービスの営業を1日から開始した。独自の仕様に基づく専用機器を設置した洗浄センターを…

秋ト協、「ドラ飯完成」お披露目

から揚げ用の中華だれも用意し、最後まで飽きずに食べられるよう工夫

 【秋田】秋田県トラック協会(赤上信弥会長)は、健康経営の一環としてこれまで開発を続けてきた「ドラ飯(トラックドライバーのためのご飯)」を完成させた。2日には、河辺ドライブイン(曽我雅也社長、秋田市)…

「団体」の続きを読む

荷主

IHI&野村不、自動倉庫にシェアサービス

 IHIと野村不動産(松尾大作社長、東京都新宿区)は12日、横浜市金沢区の物流施設「Landport(ランドポート)横浜杉田(仮称)」に、立体型自動倉庫のシェアリングサービスを導入する、と発表した。最…

「荷主」の続きを読む

産業

NEXT DELIVERY、ドローン使い有償配送

 NEXT DELIVERY(田路圭輔社長、山梨県小菅村)は10月にも、北海道上士幌町や福井県敦賀市で、ドローン(小型無人機)による有償配送サービスを始める。ドローンを使った効率的な輸送体制を敷き、「…

国際物流総合展2022、人手不足解消や脱炭素化

 東京では4年ぶりの開催となる「国際物流総合展2022」が13~16日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた。過去最大規模の526社2597ブースが出展し、物流現場の人手不足解消や脱炭素化に貢献…

IHI&野村不、自動倉庫にシェアサービス

 IHIと野村不動産(松尾大作社長、東京都新宿区)は12日、横浜市金沢区の物流施設「Landport(ランドポート)横浜杉田(仮称)」に、立体型自動倉庫のシェアリングサービスを導入する、と発表した。最…

「産業」の続きを読む

物流企業

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を…

三協運輸、ドライバーを多能工化

 【東京】三協運輸(南雲謙太郎社長、東京都品川区)は、新型コロナウイルスへの対応としてBCP(事業継続計画)の策定を進め、ドライバーの多能工化に取り組んでいる。全社員の業務内容をリスト化して、社員それ…

「物流企業」の続きを読む

テック

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

基幹システム「SMART TRUCK」にエクセルデータの取り込み機能を追加(本社&物流センター)

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み…

国際物流総合展2022、人手不足解消や脱炭素化

 東京では4年ぶりの開催となる「国際物流総合展2022」が13~16日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた。過去最大規模の526社2597ブースが出展し、物流現場の人手不足解消や脱炭素化に貢献…

「テック」の続きを読む

人材・育成

「人材・育成」の続きを読む

働き方改革

トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト

厚生労働省HP

LiS、働きやすい環境整備

「以前は目の前の業務に追われていたが、最近では未来のことも考えられるようになった」と岩瀬社長
 【東京】Lis(岩瀬純子社長、東京都港区)は作業のマニュアル化や変形労働時間制の導入を通じ、働…

「働き方改革」の続きを読む

調査

「調査」の続きを読む

本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…