物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ギークプラス、アルペンの物流倉庫を自動化

プレスリリース

2021/12/02 14:52

アルペンに対し、【Geek+】ギークプラスがAI物流ロボットを追加導入216台が稼働し、保管能力2倍、出荷能力3倍に向上国内最大級の自動搬送ロボットセンター始動

2021年12月1日 10時00分

 今般、AI物流ロボットの株式会社ギークプラス(本社:東京都渋谷区、以下 「ギークプラス」)は、株式会社アルペン(本社:愛知県名古屋市、以下「アルペン」)が2018年から稼働しているプロロジスパーク千葉ニュータウン内、東日本フルフィルメントセンター(千葉県印西市)にて、株式会社アッカ・インターナショナル (本社:東京都港区、以下「ACCA」)の物流オペレーションのもと、ギークプラスのAI物流ロボット「EVEシリーズ/P800R」(以下、「EVE P800R」)を追加採用いただき導入致しました。1フロア7,000坪をロボットエリアとして全面に展開し、ギークプラス社製の自動搬送ロボットとしては国内最多採用台数となる、216台が稼働いたします。

 アルペンはビジネス伸長に合わせて拡張出来るギークプラスロボットの特性を生かし、ロボットエリアの拡張を行いました。約7,000坪のエリアを自動搬送ロボット専用センターに一新し、自動搬送ロボット216台、ロボ棚数3,207台、ステーション数19台を設置しております。またロボットに適合する商品を選定し、非ロボットセンターと切り分けた2拠点体制へと移行しました。これにより、ロボットセンターは飛躍的に作業効率が向上し、成長率が150%以上であるECビジネスに対応できる体制となり、保管能力が2倍、出庫能力が3倍、進化いたします。
 ギークプラスでは「EVE P800R」などの製品ラインナップの増加をはじめ、コンサルティング事業などのサービスの拡大を行っております。アルペンがECの成長戦略の促進と多種多様な商品サイズ・SKUに対応するため、物流拠点のさらなる自動化を推進する上でロボット導入効果を最大化するにあたり、ギークプラス とACCAが共同チームを立ち上げ、「コンサルティングプロジェクト」を始動しました。ギークプラスはメーカーである優位性を生かし、システム内外の情報連携・ロジックの最適化をし、ACCAは今までのロボットオペレーションの知見を生かすことで、出荷効率 / 出荷キャパシティの最大化を図ります。アルペンはこの取り組みにより配送リードタイムの短縮など、より充実したサービスをEC顧客に届けられる仕組みを実現化し、作業生産性が国内トップレベル、かつ国内最大級の自動搬送ロボットセンターとなりました。今後もアルペン、ACCA、ギークプラスは、1人でも多くのお客様にご満足頂けるECサービスを目指し、よりよいサービスを追い求めてまいります。
 

■今後の展望
ロボティクス活用がスタンダード化しつつある物流業界において、今後は、ロボットをただ導入するだけでなく、取り扱う商品・運用特性に合わせて、「ヒトがロボットを使いこなせる仕組み」を構築していくことが、物流プレイヤーの大きな付加価値となります。ギークプラスはコンサルティングによる短期的な改善に加え、現場主導での継続的な改善が可能となるよう、ロボットの生産性を「見える化」するアプリケーションも開発中です。多数のプロジェクトを経て培った経験を基に、ギークプラスを導入する現場に幅広く本サービスを展開し、お客様への更なる付加価値提供を目指します。

■会社概要
ギークプラスは、中国で2015年に創業。既にグローバルで200社 / 2万台以上の自律走行型ロボット (AMR)の導入に成功し、世界シェア首位のユニコーン企業となっています。日本法人は2017年に設立され、既にDHLサプライチェーンや、大和ハウス、NIKEなど、大手物流プレイヤーに相次いで導入され、国内でも最大手の地位を確立。物流ロボットの販売、導入、24時間365日対応のメンテナンス、生産性改善コンサルティングまで、一貫して日本で実施することで、物流プレイヤーの企業価値向上に貢献しています。深刻化する人手不足と機械設備の高い投資リスクを解決するため、次世代ロボティクス技術を活用し、新たな物流スタンダードの共創を目指します。
製品紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=xoev1N0nz6A

■基本情報
社名: 株式会社ギークプラス
本社: 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー26F
設立: 2017年8月
代表取締役社長: 佐藤 智裕
URL:  https://www.geekplus.jp/index.html

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap