物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

DNP/ハイブリット型書籍通販、九州への配送最短1日に

未分類

2021/11/09 18:31

地域の書店と連携した書籍通販の配送期間短縮サービスを拡大

ハイブリッド型総合書店「honto」の 九州地方への配送を最短1日に

2021年11月4日

大日本印刷株式会社
株式会社丸善ジュンク堂書店
株式会社トゥ・ディファクト

 大日本印刷株式会社(DNP)は、紙と電子の各種出版物を店舗やWebサイトで販売するハイブリッド型総合書店「honto」において、首都圏から距離があり、通販サイトでの配送に2日以上かかる地域に対して、各地域の大型書店を発送拠点として活用することで、配送期間を短縮するサービスを進めています。今回、従来の対象地域の沖縄・北海道に加え、2021年11月4日に、新たに九州に向けてサービスを拡大します。丸善 広島店(広島県広島市中区)と連携することで、「honto」通販サイトでの九州地方からの注文に向けた配送期間を従来の2日から1日に短縮します。*

なお、「honto」は、DNPとグループ会社の株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂、株式会社トゥ・ディファクトが運営しています。

丸善 広島店での配送準備の様子

サービス概要

  • 首都圏から離れた地域からの通販サイトでの注文に対し、従来は東京の倉庫から本を出荷しており、納品までに時間がかかるという課題がありました。この課題に対してDNPは、各地域のDNPグループの大型書店を発送拠点として輸送距離を短縮することで、従来よりも早く利用者に本を届ける取り組みを行っています。すでに沖縄と北海道向けにこの配送期間短縮サービスを行っており、北海道のMARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店、沖縄県のジュンク堂書店 那覇店を発送拠点とすることで、納期の短縮を実現しています。
  • 今回、九州地方全域に対しても、九州・中国・四国地方で最大級の在庫数約120万冊を持つ丸善 広島店の在庫を活用することで、注文者の手元に本が届くまでの配送期間を短縮していきます。  対象:九州地方全域(福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 宮崎県 熊本県 鹿児島県)
  • BCP(事業継続計画)/BCM(事業継続マネジメント)の強化に向けて、東京・札幌・広島・那覇の複数の発送拠点を活用することで、大雨・台風・地震といった自然災害等の影響による物流の寸断や配送遅延などのリスクを回避することも見込んでいます。そういった目的から、中国・四国地方を配送先の住所に指定した注文においても、丸善 広島店の在庫が確保できた場合は同店より直接出荷いたします。なお、中国・四国地方への配送については、すでに最短1日を実現しているため、従来通り(最短1日)の日数となります。
  • コロナ禍をきっかけのひとつとした在宅時間や“巣ごもり消費”の増加にともない、書籍・雑誌の需要は高まっており、通販での注文も増加しています。こうした状況においてDNPグループは、少しでも早く本を生活者に届けたいという思いから、同サービスの全国拡大を進めていきます。
*従来2日以上の発送時間を要していた離島への配送は、従来の配送時間より1日短縮となります。  「honto」の本の通販ストアでの注文時に、配送先が九州・中国・四国地方の場合は、丸善 広島店の在庫を確認し、在庫が確保できた際に同店から直接出荷します。商品によって在庫が確保できない場合は、東京の拠点から出荷しますので、従来と同等の配送日数となります。

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap