物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日倉協、トラックと倉庫連携推進 物効法改正 年内に期待

未分類

2016/02/22 0:00

 日本倉庫協会(安部正一会長)は18日、物流専門紙記者説明会を開き、2016年度税制改正によるトラック・倉庫の連携推進や、15年度から開始したインターネット活用のオンデマンド視聴研修の拡充などについて解説した。  柴山恒晴広報委員長(杉村倉庫)は「日倉協では、ホームページやメールマガジンを使った対外広報を行い、各地区協会では一般市民向けや学校向け倉庫見学会を開催している。回数や参加者は増えており、今後も積極的に支援したい。これらの広報活動を通じて倉庫業界の地位向上に努めていく」とあいさつ。  続いて、富取善彦理事長が、与党税制改正大綱に①輸送と保管の連携が図られた倉庫の整備促進②都市鉄道などの旅客鉄道を利用した新たな物流システム構築――が盛り込まれたことを強調。「トラックドライバー不足が物流の停滞を招いている。労働力不足対策として、トラックと倉庫の連携推進が必要。税制改正の前提となる物流総合効率化法の改正案が今国会で審議されており、年内の施行に期待している。新制度を会員が有効活用できるよう、周知と支援を進めたい」と述べた。  また、今年度からスタートしたオンデマンド視聴研修について、「会員専用サイト上で、いつでも好きな時間にチャプター単位で学習できるのが特徴。今年度中にスマートフォン(スマホ)版も発表する」と話した。  このほか、8月に日倉協が社団法人化50周年を迎えることから、22日に専門委員会を立ち上げ、記念事業の内容検討に着手。国土交通省と環境省の連携による営業倉庫・公共トラックターミナルへの省エネ設備導入経費補助、国交省による倉庫への燃料電池・電動フォークリフトの導入経費補助に関しても、会員への周知を図っていく。(吉田英行) 【写真=「広報活動を通じ、倉庫業界の地位向上に努める」と柴山広報委員長(右)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap