物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

スミス&ファクトリー、倉庫内のロケーションを常時更新

プレスリリース

2021/12/01 15:51

【東大発ベンチャー】工場や倉庫内にロボットを導入する上で必要なロケーション管理システムを提供

最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業である、SMITH & FACTORY 株式会社(本社:東京都文京区本郷4-1-1 菊花ビル7F、代表:大澤 琢真)は、「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」の提供を開始した。本技術によって自律搬送ロボット(AGV)の導入を検討する企業様を始めとして、工場管理・倉庫管理に悩む現場における労働力不足の解消と人件費削減に貢献する。

  • 本技術開発の背景

近年、労働人口の減少に伴って、工場および倉庫における人材確保の課題は年々深刻化している。その一方で、新型コロナウイルスの影響によって「巣篭もり生活」を余儀なくされていることもあり、ネットショッピングの需要はますます高まり、生産量および配送量は増加傾向にある。
すなわちこの現状は、工場および倉庫全体において激務化している現場が増え、労働者ひとりひとりの負担が大きくなってきていることを意味している。

工場や倉庫の中では常に製品や原料などのモノの位置が流動的に変化する。そして現状では運搬を担当する作業者の勘でモノの位置を把握している現場が多い。それがAGVや無人フォークリフト等の自律搬送ロボットを現場に導入する際の課題になっている。

そこでSMITH&FACTORY は「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」を開発した。

  • 本技術の特徴

本技術は、センサーが自律搬送ロボットの位置を常にトレースし、常にモノの位置の最新データを管理システム上に表示するというものだ。具体的には大きく2つの特徴を持つ。

①搬送担当者が迷う時間がゼロに
従来、作業者自身が「この種類の製品はここらへんに置いているだろう」という勘で配置およびピックアップを行っており、そのために「あれ?いつもはここに置いてあるはずなのに」のように迷う時間が発生することがあるが、本技術は常にモノの位置をトレースするため搬送担当者がピックアップする際に迷う時間を限りなくゼロにすることができる。

②配置およびピックアップの効率を最大化
本技術を用いて位置データをリアルタイムで管理することにより、データを蓄積することができる。蓄積したデータを用いて各工場/倉庫における配置場所を最適化することができる。これにより、見えない非効率な作業を可視化し、効率化していくことができる。

対象となるお客様
・卸売会社様
・運送会社様
・ECセンターの運営業者様
・メーカー様
・フォワーダー様

  • SMITH & FACTORYの今後の展望

SMITH & FACTORYは、最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業として、工場を所有するすべての企業様へ、完全自動化への支援を行う。企業への価値提供を通じて、より良い世界を創出する。

今回の「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」に留まらず将来的には、特定の空間内において最適に荷物を配置するアルゴリズムの開発を目指す。

■関連プレスリリース
・<新製品PVあり>【東大発ベンチャー】 あらゆる車体に適用可能な経路生成アルゴリズムを搭載した汎用型AGV「Kaghelo(カゲロウ)」をリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000049040.html

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap