物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

NTC、AIで画像判別 検品効率化

プレスリリース

2021/11/29 14:12

画像やロゴなどの情報をテキストへ変換し可視化できる新・AI技術 【AI 画像識別ソリューション】 無料モニターキャンペーン実施中!

製造業、物流倉庫業の人材不足・生産性向上を支援

株式会社NTC

2021年11月25日 10時56分

株式会社NTC(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:和田 賢太郎)は、スマートフォン等のカメラで撮影した画像を AIが識別し、製品照合、製品検索ができる “AI画像識別ソリューション” の無料モニターキャンペーンを開始しました。
https://www.ntc.co.jp/news/news-service/m-ai20211101 ‎

繁忙期でも困らない業務体制を実現

製造業や物流倉庫業での業務は非常に多岐に渡るため、各業務内で熟練スタッフによる属人的な判断が必要なケース が多くあります。また、昨今の人材不足により、スタッフの業務時間の超過や繁忙期による新人スタッフの育成等、過酷な労働環境が深刻化しております。株式会社 NTC の “AI画像判別ソリューション” は、これらの問題を解決するために開発された、人材不足時代に対応する業務改善ソリューションです。

AI画像識別ソリューションとは

お手持ちのスマートフォンを使用して、製品やロゴ・品番などを撮影し、その画像と欲しい情報(WMS内の情報、商品マスター情報、受注処理情報、生産管理情報、工程表等)を繋ぐ仕組みをAIで自動化させ、業務の効率化を可能にしたソリューションシステムです。

お客様導入事例

AI画像識別ソリューション 導入メリット
【メリット 1. 検品制度の向上】

属人的になりがちな基準を AI基準で最適化。 検品の精度向上につながります。

【メリット 2. 製品探索の稼働時間削減】
スマートフォンによる AI検品で、 目視でのクロスチェック時間を削減します。

【メリット 3. 教育コスト削減】
検品スキルを AIに落とし込むことで、 新人スタッフも熟練スタッフ同等の スピードで業務遂行可能です。

【 AI画像識別ソリューション 】無料モニター募集キャンペーン実施中!
実際に AI判別の自動化を体感できる “本システム・お試し2週間” キャンペーン
AI判別の自動化システムを2週間無料でお試し頂けます。
画像判別を行う準備として、製品画像を撮影し、AIの学習でモデルを作成いたします。
実際に画像を撮影すると品番がスマートフォンに表示される内容をご確認頂けます。

【お申込み・お問い合わせ 】
https://www.ntc.co.jp/news/news-service/m-ai20211101 ‎

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。


タグ: , ,



本紙ピックアップ

来年10月開始「インボイス制度」、軽貨物業者「大幅減」恐れ 

 正確な消費税額を把握するための適格請求書保存方式(インボイス制度)が2023年10月からスタートする。運送事業者が適格請求書(インボイス)を荷主に対して発行できないと、荷主側は消費税の仕入税額控除を原則的に受けられなく…

非化石燃料「転換」目安案、小型トラ「保有数の10%」

 国土交通省は、改正省エネ法の2024年4月の施行に合わせて設定する、輸送モード別の電気や水素など非化石エネルギーへの転換の目安案を明らかにした。トラックは、総重量8㌧以下の小型車が「30年度までに保有台数の10%」、8…

鈴与/今期、DC・倉庫事業を拡大

 鈴与(鈴木健一郎社長、静岡市清水区)は2023年8月期、DC(在庫型センター)・倉庫など国内物流を中心とした事業の拡大に向け、拠点増設や生産性向上に向けたIT(情報技術)開発などの設備投資に265億円を充てる。築き上げ…

一五不動産情報サービス調べ/物流施設賃貸マーケット、東京圏空室率0.8㌽上昇

 一五不動産情報サービス(曽田貫一社長、東京都大田区)は11月30日、物流施設の賃貸マーケットに関する調査結果を公表した。10月末時点の東京圏での空室率は4.0%と、7月末比0.8㌽上昇。2021年1月の0.2%を底に、…

オススメ記事

来年10月開始「インボイス制度」、軽貨物業者「大幅減」恐れ 

 正確な消費税額を把握するための適格請求書保存方式(インボイス制度)が2023年10月からスタートする。運送事業者が適格請求書(インボイス)を荷主に対して発行できないと、荷主側は消費税の仕入税額控除を原則的に受けられなく…

非化石燃料「転換」目安案、小型トラ「保有数の10%」

 国土交通省は、改正省エネ法の2024年4月の施行に合わせて設定する、輸送モード別の電気や水素など非化石エネルギーへの転換の目安案を明らかにした。トラックは、総重量8㌧以下の小型車が「30年度までに保有台数の10%」、8…

鈴与/今期、DC・倉庫事業を拡大

 鈴与(鈴木健一郎社長、静岡市清水区)は2023年8月期、DC(在庫型センター)・倉庫など国内物流を中心とした事業の拡大に向け、拠点増設や生産性向上に向けたIT(情報技術)開発などの設備投資に265億円を充てる。築き上げ…

一五不動産情報サービス調べ/物流施設賃貸マーケット、東京圏空室率0.8㌽上昇

 一五不動産情報サービス(曽田貫一社長、東京都大田区)は11月30日、物流施設の賃貸マーケットに関する調査結果を公表した。10月末時点の東京圏での空室率は4.0%と、7月末比0.8㌽上昇。2021年1月の0.2%を底に、…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap