物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東海電子、「 IT 点呼.com 」オープン

プレスリリース

2021/11/12 16:52

2021 年 11 月9日
東海電子株式会社

IT 点呼をすべての企業に。 はじめよう! IT 点呼 “ IT 点呼.com “ オープンしました

飲酒運転防止のためのアルコール検知器及び IT 点呼システムを開発・販売する東海電子株式会社(本
社:静岡県富士市 代表取締役 杉本 哲也)は、この度、情報サイト『始めよう! IT 点呼 IT 点
呼.com』をオープン致しました。

https://www.tokai-denshi.co.jp/app/usr/topics/file/687_20211109160142_topic_file.pdf

1.IT 点呼をすべての企業に。
トラック、バス、タクシー等、運輸事業者の点呼規則がここ10年で大きく変わってきました。現
在 IT 点呼は、G マーク事業所等一定の条件を満たす場合のみ認められています。しかし今もってなお
コロナ禍にある社会からすると、運輸業界全体が、運行管理の一業務にすぎない IT 点呼を使いこなせ
ない状態では、業界全体の DX が進むはずもないと考えるのが自然です。運行管理現場のアナログ管
理が、物流 DX やデジタルガバメントのボトルネックにすらなりかねないとの危機感を、すでに国土
交通省は持っていると言えます(国交省デジタルガバメント中期計画、プラン 2025、物流政策大綱、
運行管理高度化検討会を見れば明らか)。IT 点呼は、今後、すべての事業者に活用されることが期待さ
れています。

2.IT 点呼ドットコムで出来ること

https://it-tenko.com/

IT 点呼 com は、以下3つのコンテンツをご利用いただけます。


(1) IT 点呼シミュレータ(法令編・費用編)
現在の想定している運用が、事業法の IT 点呼規則に合致しているか判断できないという声を多く聞
きます。どんな運用なら OK なのか NG なのか? を「はい」「いいえ」を答えるだけで簡単にシミュ
レーションできます。また、現在使用している機器に何を追加すれば IT 点呼を始められるのか、投資
費用も「はい」「いいえ」に答えるだけでシミュレーションできます。

(2)IT 点呼 ミニ講座
旅客・貨物の運行管理者資格を持ち、IT 点呼を数百導入したアドバイザーによるミニ講座です。

(3)IT 点呼 コラム

IT 点呼は安全規則に合致すべく開発されてお
り、いずれの機能も重要な意義があります。とあ
る機能が自社の課題を一気に解決する可能性を秘
めています。ここでは点呼の実務や、点呼システ
ムの各機能の法的な意義や使い方をご紹介してゆ
きます。

4.IT 点呼を運行管理高度化の入り口に

運行管理の DX は、点呼の IT 化・デジタル化から。
今後、デジタル化された点呼は、デジタルタコグラフ同様、運行管理 DX の両輪となります。
どちらが架けても、真の生産性は成り立ちません。そして、「すべての事業者が IT 点呼を」できる
くらいにならないと、真の安全は実現しません。
“始めよう!IT 点呼 IT 点呼.com” を是非ご活用ください。

本件に関する問い合わせ先:東海電子株式会社 営業企画部
東京都立川市曙町 2-34-13 オリンピック第3ビル 203
E-mail: info@tokai-denshi.co.jp
http://www.tokai-denshi.co.jp

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap