物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

DHL、国際物流企業で初めてTGCにステージ協賛 イベント連動の越境EC支援

プレスリリース

2021/11/09 18:42

DHLが国際物流業界初、TGCにステージ協賛イベント連動の越境ECでアパレルの海外進出を支援

ロイ、雑賀サクラ、福士マリ、よしあき&ミチなどが出演

グローバルファッションECサイト「FASBEE」と組み、ステージで紹介された商品が世界中で購入可能に

  国際エクスプレスのリーディングカンパニー、DHLジャパン株式会社(代表取締役社長:トニー カーン 本社:東京都品川区)は、 2021年9月4日(土)にオンラインで開催された『第33回マイナビ 東京ガールズコレクション 2021AUTUMN/WINTER(以下、マイナビ TGC 2021 A/W)』の協賛企業として、スペシャルステージ「Positive Fashion Delivered by DHL STAGE」を行いました。

最新XRの技術を活用したDHLのステージ   ©Mynavi TGC 2021 A/W

最新XRの技術を活用したDHLのステージ ©Mynavi TGC 2021 A/W

出演したモデルの雑賀サクラさん   ©Mynavi TGC 2021 A/W

出演したモデルの雑賀サクラさん  ©Mynavi TGC 2021 A/W

 本プロジェクトでは、DHLが日本のファッション・アパレル業界の海外進出を支援する一環として、グローバルファッションECサイトの「FASBEE」と組み、マイナビ TGC 2021 A/Wの協賛ステージ上で紹介される商品を海外の人々が購入できる特設ページを開設しました。TGCイベントと連動した公式越境ECページを構築し、イベントの国際化へ貢献するという、国際物流業界としては初めての試みとなりました。ステージでは、「ポジティブファッション」をテーマにジェンダーレス、ボーダーレス、サステナビリティをファッションと融合させたプログラムを演出し、出演者のロイさん、雑賀サクラさん、福士マリさん、よしあき&ミチさんらが華やかに彩りました。


 DHLのコーポレートブランドマーケティングの責任者アルヤン・シッシングは、「DHLが、TGCに協賛した初めてのロジスティクスブランドとなったことに誇りを感じております。世界中のファッション愛好者が、DHLのステージで披露された服を、初めて世界中から買うことができるのです。DHLが日本のファッション・アパレル産業の物流パートナーとして、世界販売のお手伝いをしていることを嬉しく思います。」とコメントしています。


 スピーディーな国際輸送を信頼性の高いトレーサビリティで実現するDHLのサービスは、多頻度小ロットの越境ECに効果的であり、DHLは常に変化し続けるファッション・アパレル業界のニーズに高品質な輸送サービスで応えます。 DHLは、TGCのステージで紹介されたアパレル企業が、国際物流ソリューションを利用して、新たな市場を獲得することができるよう、スピーディで高品質な輸送サービスを提供します。DHLジャパン株式会社 代表取締役社長のトニー カーンは、「DHLの国際エクスプレスというビジネスは、世界中のファッション・アパレル企業の皆さま、そして消費者の皆さま双方に大きなメリットをもたらすことができます。また、優れた輸送サービスを提供するだけでなく、パートナーと協力してより持続可能な未来を創造することにも取り組んでいきます。」と述べています。


 DHLは、これまで長きに渡りファッション業界のパートナーであり、デザイナーや販売者のニーズに合わせた輸送ソリューションを開拓するとともに、世界で最も華やかなファッションイベントの舞台裏でも貢献してきました。また、DHLはサステナビリティの取り組みとして、2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする目標を掲げ、トライサイクル、電動バイクやEVなど環境に配慮した配送車両の導入を積極的に進めています。

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap