物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

フジテックス、自立走行搬送ロボの代理店契約

プレスリリース

2021/11/08 18:15

2021年11月 2日

株式会社フジテックス(本社:東京都新宿区)は、自律走行搬送ロボットOTTOを提供するClearpath Robotics社(本社:カナダ オンタリオ州)との販売代理店契約を締結しました。

■製品の開発背景と目的

コロナ禍でさまざまな非対面・非接触での荷物受取サービスは普及してきています。調剤薬局ではオンライン診療も始まり、オンラインでの服薬指導も解禁され、非対面でも受け渡しが可能となりました。
フジテックスは昨年秋より非対面受け渡し用のスマートロッカー取り扱いを開始。
このたび、タカラ薬局 福大筑紫病院前にてクレジットカード決済機能を搭載した非対面式受け渡しロッカーを9月より運用開始しました。お薬の受け取りに決済機能付きロッカー導入は業界初となります。
服薬指導後、スマートフォンにQRコードと暗証番号が通知されます。受取時は通知されたQRコードをロッカーにかざすか、暗証番号を入力することでお薬を受け取ることができます。

■契約締結の背景と目的

近年、製造業、物流業において課題となっている人手不足問題が深刻となっており、その課題を解決するための製造工程や物流工程における搬送業務の自動化による効率性向上、生産性の向上が求められています。フジテックスでは、これまで自動搬送ロボットの導入支援実績を持っており、OTTOのロボットによる国内の搬送業務の自動化支援による生産性向上を推進いたします。

■自律走行搬送ロボットOTTOの説明

OTTOは、製造工場や倉庫内で使用する自律型移動ロボットのリーディングカンパニーです。自動車、消費財、食品、エレクトロニクスなどの企業が、OTTOの搬送ロボットを導入し、安定性の高いサプライチェーンを構築しています。 自律走行搬送ロボットOTTOシリーズは、従来のAGVのような専用のレールや通路を確保する工事などは必要なく、センサー技術によって、人や障害物を認識した上で避けて走行。フロアのレイアウト変更、封鎖されている通路や各種設備をリアルタイムで認識し、荷物を搬送するための最適なルートを自動調整します。

OTTOシリーズには最大積載量150kgの「OTTO100」と最大積載効率1,250kgの「OTTO750」と、最大積載量1,900kgの「OTTO1500」の3種類があります。小型搬送用の「OTTO100」にはシェルフやカートとの連結搬送が可能。大型搬送用の「OTTO750」「OTTO1500」にはパレットやコンベアを連結させることでさまざまな場面や用途で活用することができます。

◇大型搬送用ロボット OTTO750 / OTTO1500
OTTO750は最大積載量1,250kg、OTTO1500は最大積載量1,900kgの大型搬送ロボットです。パレットやラック、コンベアなどの高重量にも耐えられるよう設計された、頑丈な自律走行搬送ロボットです。

◇小型搬送用ロボット OTTO100
OTTO100は、最大積載量150kgの小型搬送ロボットです。オリコンや、カートなどの小型のものを運搬できるように設計された自律走行搬送ロボットです。

■自律搬送ロボットOTTOの特徴

● コスト削減
人手による作業を自動化と標準化し、国内で大きな課題である人手不足の問題を解決します。

● スモールスタートが可能
お客様の生産工程や工場・倉庫の課題や環境に応じて導入することができ、ロボット導入1台からのスモールスタートも可能です。

● 安全性の向上
OTTOの自律走行搬送ロボットは高性能なセンサー技術による安全性を確保します。

● ロボット導入のための工事が不要
旧来の自動搬送ロボット(AGV)は走行する通路に電磁テープなどを張る工事が必要でしたが、OTTOはセンサー技術により障害物や人を検知し動的に回避し、経路をロボット自身がその時々の状況に応じて通路を決めて走行します。

● 照明と音声による動作案内
ウインカーランプ、ブレーキランプの他、可聴音を出してロボットがどこに向かうかを周囲の作業者は認識することができます。

● 耐久性の高い構造
頑丈で耐久性のある優れた強固な構造により、多様な環境で動かすことができます。

● ロボットによる自動充電
OTTOのロボットは充電が減ってきた適切なタイミングで自動的に充電器に入り、短時間で充電を行うことで、稼働時間を最大化します。

● インターフェース設定(OTTO750 / OTTO1500)
お客様の要望に応じ、コンベアアタッチメントなど、カスタマイズによる荷物の運搬も可能です。

■製品詳細について

WEBサイト「物流倉庫プランナーズ」よりご覧ください
https://lplanners.jp/products/otto/

■自律走行搬送ロボットOTTOに関するお問い合わせ

株式会社フジテックス 物流ロボティクス事業部(担当:半澤・妻木)
お問い合わせフォーム: https://lplanners.jp/contact/
E-Mail       : info@lplanners.jp
TEL         : 0120-004-844

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

トラック隊列走行の国際規格発行

 経済産業省は21日、ISO(国際標準化機構)が19日、日本が提案したトラック隊列走行システムに関する国際規格「ISO4272」を発行した、と発表した。隊列の形成・離脱時や隊列走行での制御について規定するもの。これらの機…

手荷物運搬車両の自動運転、ルール整備へ実証実験

 国土交通省は、空港の制限区域内でのトーイングトラクタ(手荷物運搬車両)などの自動走行レベル4(特定条件下の完全自動運転)相当の2025年実用化に向け、車両単体では対応が困難な交差点といった「難所」でのインフラや運用ルー…

JR東日本物流×北陸新幹線、金沢駅に受付カウンター

 ジェイアール東日本物流(野口忍社長、東京都墨田区)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)及び西日本旅客鉄道(JR西日本)と連携し、石川県の金沢駅に北陸新幹線を活用した荷物輸送サービス「はこビュンQuick」の受付カウンターを…

輸出航空貨物8月、8カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた8月の航空貨物輸出量(混載)は、前年同月比14.5%減の7万6100㌧で、8カ月連続のマイナスだった。堅調に推移しているが、好調だった前年の反動で、各方面で減少が継続…

オススメ記事

手荷物運搬車両の自動運転、ルール整備へ実証実験

 国土交通省は、空港の制限区域内でのトーイングトラクタ(手荷物運搬車両)などの自動走行レベル4(特定条件下の完全自動運転)相当の2025年実用化に向け、車両単体では対応が困難な交差点といった「難所」でのインフラや運用ルー…

JR東日本物流×北陸新幹線、金沢駅に受付カウンター

 ジェイアール東日本物流(野口忍社長、東京都墨田区)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)及び西日本旅客鉄道(JR西日本)と連携し、石川県の金沢駅に北陸新幹線を活用した荷物輸送サービス「はこビュンQuick」の受付カウンターを…

輸出航空貨物8月、8カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた8月の航空貨物輸出量(混載)は、前年同月比14.5%減の7万6100㌧で、8カ月連続のマイナスだった。堅調に推移しているが、好調だった前年の反動で、各方面で減少が継続…

三井不、神奈川・海老名にマルチ型

 三井不動産は20日、神奈川県海老名市でマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)海老名I」を竣工させた。二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロ化した環境配慮型のグリーンエネルギー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap