物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ホワイト物流 賛同の輪(25)/JSP、受注締め切りを1日前倒し

荷主

2023/07/04 2:50

 発泡樹脂メーカーのJSPは、顧客からのオーダーの締め切りを前倒しすることで、ドライバーの負担を軽減している。メイン工場の鹿沼物流センター(栃木県鹿沼市)で、出荷当日の午前まで受けていたのを、前日の午前までに変更。トラックを余分に確保する必要がなくなり、積載率の向上にもつなげた。顧客に加え、自社の営業部門との調整を進め、全社的な「ホワイト物流」の取り組みを推進している。(土屋太朗)

 同社は食品の包装材や工業製品の緩衝材、梱包材、自動車部品など、多岐にわたる発泡樹脂を取り扱う。重量に対して体積が大きい製品のため、物流面では積載率の向上が課題。一層の物流効率化を図っていく上で、対外的なPRに加え、社内での意識改革の必要性から、2022年12月に国の「ホワイト物流」推進運動の自主行動宣言を提出した。
 国内9カ所に工場を持ち、100社以上の運送事業者と取引関係にある。メイン工場の鹿沼物流センターは、1日100~120台のトラックが稼働する。
 同センターでは20年4月から、当日の午前までとしていたオーダーの受け付けを、前日の午前までと1日前倒しした。これにより、余裕を持った配車が可能となり、車両台数の削減を実現。20~22年の3年間で、同センターで稼働する全体の3%に当たる約2500台分の車両を減らした。

車両数減&積載率向上

 更に、同社独自の算出による車両1台当たりの平均積載重量をみると、19年の612㌔に対し、22年度は699㌔と3年間で14%増加。積載効率の向上という課題解決に向け、着実に効果を上げている。
 この前倒しの実施には、顧客だけでなく、まずは社内の営業部門との調整も必要だったため、準備期間に1年ほど要した。物流資材本部長も務める石原義久・取締役常務執行役員は「営業部門では、一番は顧客が逃げるのではないかという不安があった」と説明する。物流に関する全社的な共有や顧客への説明に時間をかけたことで、前倒しによる顧客の流出もなかったという。
 また、オーダーの前倒しは、九州エリアで先行して実施しており、「運送会社の社長から『すごく助かった』という言葉を頂いた。ドライバーの労働時間短縮につながるため、運送会社からも喜ばれている」(石原氏)。こうした成果を踏まえ、今後は各地域の事情を考慮した上で、他の工場でも前倒しを検討していく考えだ。

荷待ち・荷役時間を把握

 併せて、荷待ちと荷役時間の実態把握にも乗り出している。18年から、各工場でドライバーを対象に年1回、2週間を調査期間として30分以上待機した車両数を調査。その上で、荷待ちが多く発生している工場で対策を進めてきた。
 この結果、18年調査で407台(割合は14.4%)だった荷待ち車両が、23年は45台(1.6%)と大幅に改善した。
 加えて、19年からは年1回のペースで、約4500社に及ぶ全ての顧客に調査用紙を送り、顧客先での荷待ちと荷役作業の実態も調べている。荷役作業の内容や要した時間などを聞き、データにして顧客先別に状況を可視化。問題が大きいと判断した場合は、顧客に改善を促している。
 一連の調査は今後も定期的に行う方針で、物流体制の変更といった実際の対策と併せ、顧客と一体となった取り組みで物流改革を推進していく。


 ▼JSP 食品の包装材や工業製品の緩衝材、建築・住宅用断熱材など多様な発泡樹脂製品を製造。国内では北海道、茨城、栃木、三重、兵庫、熊本、福岡に工場を持つ。2023年3月期の売上高は1317億1400万円。


トラックドライバー不足に対応し、国民生活・産業活動に必要な物流を安定的に確保するためにスタートした「ホワイト物流推進運動」は、関係者が協力して改善を進めることでサプライチェーン(供給網)全体の生産性向上につながることが期待される。
運動の理念に賛同し、自主行動宣言を提出した荷主企業の取り組みを紹介する。
(「ホワイト物流」推進運動の加速を後押しするため、全文掲載しています)

オーダーの受付を早めて効率化(鹿沼ミラフォーム工場と鹿沼物流センターの倉庫棟)




本紙ピックアップ

全ト協/交付金制度使途拡大、労働力不足対応・DX推進

 全日本トラック協会が設置した運輸事業振興助成交付金制度の今後の在り方を検討してきたプロジェクトチーム(PT)は9日、最終取りまとめを行い、坂本克己会長に将来ビジョンとして答申した。「社会、業界、顧客の『三方良し』の実現…

荷主への規制的措置導入、「共同責任者」自覚を

 ドライバーへの時間外労働の上限規制が1日から適用された。「2024年問題」に対応するため、官民を挙げて物流改善の取り組みを加速度的に進めてきたが、着荷主も含めた荷主に対し、物流負荷軽減の規制的措置を導入する物流総合効率…

衆院国交委「貨物事業法改正」意見陳述、業界の構造課題解決を

 5日の衆議院の国土交通委員会(長坂康正委員長)で、物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案に関し、トラック運送事業の労使団体などを対象に意見陳述・意見交換が行われた。参考人として、全日本トラック協会(坂本克己会長…

LIXIL、愛知→東北で2段階中継

 LIXILは、イトー急行(柴山隆社長、愛知県瀬戸市)、つばめ急便(石原修社長、大阪市北区)と協力し、「2024年問題」対応へ向けて最大の生産拠点である知多事業所(愛知県知多市)内の知多ディストリビューションセンター(D…

オススメ記事

全ト協/交付金制度使途拡大、労働力不足対応・DX推進

 全日本トラック協会が設置した運輸事業振興助成交付金制度の今後の在り方を検討してきたプロジェクトチーム(PT)は9日、最終取りまとめを行い、坂本克己会長に将来ビジョンとして答申した。「社会、業界、顧客の『三方良し』の実現…

荷主への規制的措置導入、「共同責任者」自覚を

 ドライバーへの時間外労働の上限規制が1日から適用された。「2024年問題」に対応するため、官民を挙げて物流改善の取り組みを加速度的に進めてきたが、着荷主も含めた荷主に対し、物流負荷軽減の規制的措置を導入する物流総合効率…

衆院国交委「貨物事業法改正」意見陳述、業界の構造課題解決を

 5日の衆議院の国土交通委員会(長坂康正委員長)で、物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案に関し、トラック運送事業の労使団体などを対象に意見陳述・意見交換が行われた。参考人として、全日本トラック協会(坂本克己会長…

LIXIL、愛知→東北で2段階中継

 LIXILは、イトー急行(柴山隆社長、愛知県瀬戸市)、つばめ急便(石原修社長、大阪市北区)と協力し、「2024年問題」対応へ向けて最大の生産拠点である知多事業所(愛知県知多市)内の知多ディストリビューションセンター(D…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap