物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

暑中特集/物流企業の農業ビジネス、本業とシナジー図る 耕作放棄・遊休地を活用 食品ロス減SDGs寄与

物流企業

2022/07/19 3:30

 経営基盤の強化に向けた多角化の一環として、物流企業が農業に参入する事例が増えている。生産から物流までを含めたサプライチェーン(SC、供給網)を構築し、本業との相乗効果を上げたり、耕作放棄地を活用して野菜の生産量を上げ、地域に貢献したりしている。また、収穫した作物で商品開発を行い、地域のPRにつなげたり、食品残渣(ざんさ)から飼料を生産し、環境問題への対応としてSDGs(持続可能な開発目標)を進めたりする事例もある。(特別取材班)

沢口産業では、アスパラの収穫時期、吉田社長や管理者らが出向いて作業




本紙ピックアップ

大王海運、西日本ー東北を5分割

 大王海運(曽我部雅司社長、愛媛県四国中央市)は、自社で運航するRORO船と福島県いわき市の拠点を生かし、無人航送と中継輸送を組み合わせて「2024年問題」に対応した輸送網構築を進めている。西日本-東北の長距離輸送を5分…

国交省検討/ロボ配送むけ環境整備、歩行空間データ活用

 国土交通省は、自動走行ロボットによる配送ニーズが急増していることを踏まえ、段差や急勾配の少ないバリアフリー情報、エレベーターなどの施設情報を含む「歩行空間ネットワークデータ」を活用し、ロボットが自動走行しやすい環境を整…

ヤマシタロジ、荷主×運送で共存共栄

 集成材の製造・加工・販売・施工を行うヤマシタ(山下英一社長、岡山市北区)と凪物流(凪秀樹社長、岡山市中区)、協和運送(松本理智社長、大阪府門真市)の共同出資で3月に設立されたヤマシタロジスティック(山下社長、岡山市北区…

フェリー協調べ/トラック航送10月、20カ月連続プラス 

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた10月のトラック航送台数は、11万3021台で前年同月比1%増だった。20カ月連続のプラスとなり、荷動きの回復が継続。一方、2019年同月比は1%減で、新型コロナウイルス…

オススメ記事

大王海運、西日本ー東北を5分割

 大王海運(曽我部雅司社長、愛媛県四国中央市)は、自社で運航するRORO船と福島県いわき市の拠点を生かし、無人航送と中継輸送を組み合わせて「2024年問題」に対応した輸送網構築を進めている。西日本-東北の長距離輸送を5分…

国交省検討/ロボ配送むけ環境整備、歩行空間データ活用

 国土交通省は、自動走行ロボットによる配送ニーズが急増していることを踏まえ、段差や急勾配の少ないバリアフリー情報、エレベーターなどの施設情報を含む「歩行空間ネットワークデータ」を活用し、ロボットが自動走行しやすい環境を整…

ヤマシタロジ、荷主×運送で共存共栄

 集成材の製造・加工・販売・施工を行うヤマシタ(山下英一社長、岡山市北区)と凪物流(凪秀樹社長、岡山市中区)、協和運送(松本理智社長、大阪府門真市)の共同出資で3月に設立されたヤマシタロジスティック(山下社長、岡山市北区…

フェリー協調べ/トラック航送10月、20カ月連続プラス 

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた10月のトラック航送台数は、11万3021台で前年同月比1%増だった。20カ月連続のプラスとなり、荷動きの回復が継続。一方、2019年同月比は1%減で、新型コロナウイルス…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap