物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

千葉興業運輸、千葉・八街に4温度帯拠点 来夏竣工 マイナス50度まで対応 外食むけ水産物取り扱い

物流企業

2022/07/19 0:30

 【千葉】温度管理食品の保管・配送業務を手掛ける千葉興業運輸(松崎慎一社長、千葉県八街市)は定温からチルド、冷凍、マイナス50度の超低温までの4温度帯で保管が可能な新センターを建設する。6月30日に地鎮祭を行い、2023年7月完成を目指して建設作業に着手。構想では、水産物の取り扱いが可能な、複数温度帯に対応した施設になる予定で、外食産業や量販店の店舗向け配送拠点として取引先との交渉を進めている。(佐々木健)





本紙ピックアップ

大王海運、西日本ー東北を5分割

 大王海運(曽我部雅司社長、愛媛県四国中央市)は、自社で運航するRORO船と福島県いわき市の拠点を生かし、無人航送と中継輸送を組み合わせて「2024年問題」に対応した輸送網構築を進めている。西日本-東北の長距離輸送を5分…

国交省検討/ロボ配送むけ環境整備、歩行空間データ活用

 国土交通省は、自動走行ロボットによる配送ニーズが急増していることを踏まえ、段差や急勾配の少ないバリアフリー情報、エレベーターなどの施設情報を含む「歩行空間ネットワークデータ」を活用し、ロボットが自動走行しやすい環境を整…

ヤマシタロジ、荷主×運送で共存共栄

 集成材の製造・加工・販売・施工を行うヤマシタ(山下英一社長、岡山市北区)と凪物流(凪秀樹社長、岡山市中区)、協和運送(松本理智社長、大阪府門真市)の共同出資で3月に設立されたヤマシタロジスティック(山下社長、岡山市北区…

フェリー協調べ/トラック航送10月、20カ月連続プラス 

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた10月のトラック航送台数は、11万3021台で前年同月比1%増だった。20カ月連続のプラスとなり、荷動きの回復が継続。一方、2019年同月比は1%減で、新型コロナウイルス…

オススメ記事

大王海運、西日本ー東北を5分割

 大王海運(曽我部雅司社長、愛媛県四国中央市)は、自社で運航するRORO船と福島県いわき市の拠点を生かし、無人航送と中継輸送を組み合わせて「2024年問題」に対応した輸送網構築を進めている。西日本-東北の長距離輸送を5分…

国交省検討/ロボ配送むけ環境整備、歩行空間データ活用

 国土交通省は、自動走行ロボットによる配送ニーズが急増していることを踏まえ、段差や急勾配の少ないバリアフリー情報、エレベーターなどの施設情報を含む「歩行空間ネットワークデータ」を活用し、ロボットが自動走行しやすい環境を整…

ヤマシタロジ、荷主×運送で共存共栄

 集成材の製造・加工・販売・施工を行うヤマシタ(山下英一社長、岡山市北区)と凪物流(凪秀樹社長、岡山市中区)、協和運送(松本理智社長、大阪府門真市)の共同出資で3月に設立されたヤマシタロジスティック(山下社長、岡山市北区…

フェリー協調べ/トラック航送10月、20カ月連続プラス 

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた10月のトラック航送台数は、11万3021台で前年同月比1%増だった。20カ月連続のプラスとなり、荷動きの回復が継続。一方、2019年同月比は1%減で、新型コロナウイルス…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap