物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

優輪商事、日本酒造りPJに協力 シャンプーハットてつじさん企画 従業員・家族も体験

その他

物流企業

2022/01/28 12:20

 【大阪】優輪商事(豊島優助社長、大阪府東大阪市)は漫才コンビ「シャンプーハット」のてつじさん企画の、コメから日本酒を造る参加型プロジェクト(PJ)に無償で協力している。車庫が同PJの田んぼの前にあったため、駐車スペースやトラックの荷台を休憩所として提供。15日には、瓢簞山(ひょうたんやま)稲荷神社で、稲刈りの際に取れたワラから作ったしめ縄を燃納するお焚き上げに参加した。
 同PJでは、クラウドファンディングで資金と参加者を募り、田植え、稲刈り、精米、酒の仕込みなど日本酒造りの工程を体験。日本酒が好きなてつじさんが2019年に始めたもので、依頼を受けた優輪商事が田植えや稲刈り時に駐車スペースなどを貸し出している。併せて従業員やその家族も参加し、農作業を体験している。
 また、稲刈り後に出るワラからしめ縄も作製。神社でお焚き上げして年神さまをお送りするとともに、灰を田んぼの肥料にし、資源を循環させる。

 お焚き上げ後、てつじさんは「たまたま田んぼの前にあった優輪商事さんが快く協力してくれて、とても感謝している。トラックの荷台に乗るのはなかなかできない体験で、子供たちも喜んでいた。将来、トラックドライバーを目指すきっかけになるかも知れない。日本酒造りを通じて共通の思い出や、色んな人との縁ができていくのがうれしい」と話した。
 豊島社長は「これで本格的に新しい年を迎えられる。頂いたお酒もとてもおいしく、引き続き協力していきたい」と話している。(根来冬太)

記念撮影に臨むシャンプーハットのてつじさん(前列右から3人目)と豊島社長(同左端)




本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap