物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ホワイト物流 賛同の輪(20)/北海道ぎょれん、パレット化&共配拡大

荷主

2022/01/25 3:00

 北海道漁業協同組合連合会(北海道ぎょれん、川崎一好会長)は、持続可能な水産品の物流体制を構築するため、物流事業者との連携を強化していく。パレット化や共同配送などの取り組みを広げるとともに、生産者や納品先、行政なども巻き込んで改革を進める。また、働き方改革に取り組む優良な物流事業者を積極的に利用していく方針だ。(朽木崇洋)

優良事業者を積極的に利用

 全道の漁協の出資により、1949年に設立した。現在は、水産品の販売・流通を支援する「販売事業」、燃料などの共同購入によりコスト削減を図る「購買事業」、経営改善や課題解決に向けた「指導事業」の三つを柱に事業を展開。関連8社からなるぎょれんグループで、水産物の加工や販売、輸出入なども手掛ける。
 ホワイト物流推進運動には2021年10月に賛同した。北海道ぎょれんによると、漁協関連団体の賛同は全国で初めて。背景について、販売企画部の平野康隆部長は「漁業や水産加工業の現場では、物流業界と同様に人手不足と高齢化が進んでいる。お互いに働きやすい環境づくりを進めていかなくてはならない」と説明する。
 「長い荷待ち時間と手作業での荷下ろしが効率悪化の最大の要因」(平野氏)との認識の下、入出荷情報の共有や、サプライチェーン(供給網)全体での協議を通して物流改善を模索。また、共同配送便やパレットの活用も進める。これらは既に着手しているものの、一部店舗への納品や、特定の加工工場から冷蔵倉庫への輸送などに限られており、更に拡大していくことを目指す。
 更に、働き方改革に力を入れる物流事業者を率先して利用するとともに、荷主の立場から労働環境改善に協力していく。
 一方で、課題も多い。水産物は漁獲量が読みづらい上、旬があるため特定の時期に出荷が偏る。パレット化には、他の貨物同様、回収・管理に手間がかかるのに加え、パレット分の積載量の低下は避けられない。出荷地や、納品先の加工工場でも労働者が減り、処理能力に影響している。
 こうした課題の解決に向けては、各事業団体や行政と共同でプロジェクトを立ち上げ対応していく考え。平野氏は「どんなに良いものが獲れても、運んでもらえないことには商品にならない。物流事業者の声を聴き、全体の利益につながるような改革を進めていきたい」と話している。


 ▼北海道ぎょれん 全道の漁協の出資で組織された協同組合連合会。販売事業、購買事業、指導事業を柱に、各地の生産者や漁協と一体となり、北海道漁業の安定と良質な水産物の円滑な提供に取り組む。関連会社8社から成るぎょれんグループで、水産物の加工や販売・輸出・販売のほか、漁業資材の供給、漁協関連施設の設計管理なども行う。2021年3月期の総取扱高は2305億円。


トラックドライバー不足に対応し、国民生活・産業活動に必要な物流を安定的に確保するためにスタートした「ホワイト物流推進運動」は、関係者が協力して改善を進めることでサプライチェーン(供給網)全体の生産性向上につながることが期待される。
運動の理念に賛同し、自主行動宣言を提出した荷主企業の取り組みを紹介する。
(「ホワイト物流」推進運動の加速を後押しするため、全文掲載しています)

漁協関連団体の賛同は全国で初めて




本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap