物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ホワイト物流賛同の輪(20)/サツドラ、各曜日の輸送量平準化 ピッキング作業負担減

荷主

2021/11/09 14:37

 サッポロドラッグストアー(サツドラ、富山浩樹社長兼CEO=最高経営責任者、札幌市東区)は、生活協同組合コープさっぽろ(大見英明理事長、西区)との業務提携を機に、物流改善の取り組みを加速させている。効率化に向け共同で検討を進めるとともに、日用品の曜日ごとの輸送量の平準化も図る。また、一部店舗の店頭に宅配ボックスを設置し、再配達の防止や環境負荷の低減にも貢献している。(朽木崇洋)

 北海道内を中心に、ドラッグストアや調剤薬局など200店舗を展開。医薬品や化粧品、日用品、食品などを販売している。商品は北広島市内の2カ所の物流拠点で保管し、各店舗までトラックで運ぶ。委託先の物流事業者の負担軽減のため、パレットやカゴ台車、オリコンなどの導入に加え、入出荷情報を事前に提供するなどの対策を取っている。
 ホワイト物流推進運動は7月に賛同した。きっかけとなったのは、2019年12月、持ち株会社のサツドラホールディングスがコープさっぽろと結んだ包括業務提携。同締結では、商品・システムの開発や関係会社の事業統合などと併せ、商流・物流統合への取り組みについても協議していくことで同意した。
 コープさっぽろでは、グループの物流を担う北海道ロジサービス(岩藤正和社長、江別市)がホワイト物流推進運動に賛同するなど物流改善を推進。サツドラもコープさっぽろと足並みをそろえ、物流効率化を幅広く摸索していく考えだ。
 また、センター内の業務を改善し、ピッキング作業などの負担軽減を図る。特に、曜日ごとの波動が大きい日用品の出荷量の平準化も検討。週末に商品が多く売れるため、週初めの月、火曜日に発注が集中しがちになる。売れ行きなどのデータを基に、水曜日以降の出荷でも問題のない商品は発注のタイミングを調整するなどして対応していく。
 サツドラのドラッグストア事業本部営業推進部の三島良平・MD管理・物流担当マネジャーは「物流機能を維持していくため、働きやすく、若い人材が集まる業界にできるよう貢献したい」と話す。
 そのほか、一部の店舗では店頭に宅配ボックスを置いている。宅配需要の高騰が注目されるようになった17年7月、札幌市内から設置をスタートし、現在は104店舗まで広がった。働き方が多様化する中、買い物客などに開放し、サービス向上に努めるほか、宅配事業者の負担軽減に寄与。店舗に足を運んでもらう機会にもつながっている。


 ▼サッポロドラッグストアー 1983年4月設立。北海道を中心にドラッグストアや調剤薬局など200店舗(10月15日時点)を展開するドラッグストアチェーン。2021年5月期の売上高は826億6300万円。従業員は2533人(5月15日時点)。


 トラックドライバー不足に対応し、国民生活・産業活動に必要な物流を安定的に確保するためにスタートした「ホワイト物流推進運動」は、関係者が協力して改善を進めることでサプライチェーン(供給網)全体の生産性向上につながることが期待される。
運動の理念に賛同し、自主行動宣言を提出した荷主企業の取り組みを紹介する。
(「ホワイト物流」推進運動の加速を後押しするため、全文掲載しています)

一部店舗の店頭に宅配ボックスを設置し、再配達の防止にも貢献(本社)




本紙ピックアップ

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

オススメ記事

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap