物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

西田商運、宮若第3センター竣工 業務効率化 拠点・車両・人員を集約 多様な輸送ニーズに応え

物流企業

2019/04/30 0:00

 【福岡】西田商運(西田眞壽美社長、福岡県新宮町)は19日、福岡県宮若市に建設を進めてきた宮若第三物流センターの竣工式を開いた。福岡、北九州の両市の中間に位置する宮若市に3カ所目となる施設を稼働させることで集配力を強化。拠点と車両、人員の集約で業務効率を高め、荷主企業の物流コストの抑制と従業員の待遇改善を進める。(上田慎二)  新センターは敷地面積1万100平方メートル、鉄骨造り平屋建ての高床式で、床面積4100平方メートル。通過・保管機能を持たせ、大手食品卸や低温物流事業者の商品をメインに取り扱う。  隣接する宮若第一倉庫、宮若第二物流センターと合わせて、延べ床面積1万4千平方メートルの倉庫群となった。九州自動車道・若宮インターチェンジ近接の立地を生かし、工業製品や食品など多様な輸送ニーズに応えていく。  宮若第二物流センターにあるBDF(バイオディーゼル燃料)スタンドを給油拠点とし、自社精製のBDFを利用するトラックを増やす。また、施設内の荷役作業は電動フォークリフトを導入し、地球温暖化防止に配慮した。  竣工式で、西田社長は「令和元年を迎える今まさに新しい物流センターが稼働した。従業員200人の知恵と創業52年のノウハウを随所に盛り込んだ施設で、新しい時代の物流に挑戦していく」と意気込みを述べた。 【写真=大手食品卸や低温物流事業者の商品をメインに取り扱う】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap