物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

TNS、東日本車両センター竣工 創立10年・株式上場祝う

荷主

2019/04/30 0:00

 中古商用トラック売買を主力とするタカネットサービス(TNS)は19日、宇都宮市で、東日本車両センター(栃木県大田原市)竣工と東京証券取引所TOKYO PRO Market上場、創立10周年を祝う記念式典を開催した。取引先及び同社幹部ら総勢250人が出席し、10年の歴史を振り返るとともに、TNSグループの更なる発展を誓い合った。  西口高生社長は「創業時は500万円の中古車1台を購入するにも『清水の舞台』から飛び降りる思いだった。しかし、取引先の皆さんに支えられ東証上場を果たせる企業にまでなった」とあいさつ。その上で「引き続き、もう一段上を目指すとともに、上場企業として業界のイメージアップに尽力したい」と述べた。  また、足利銀行の細谷亮夫執行役員、Opex(東京都港区)の村山修社長、トナミ商事(富山県高岡市)の赤松毅社長らがあいさつ。細谷氏は「斬新なビジネスモデルのもと短期間で急成長された。更に伸びる企業であると確信しており、側面から積極支援していく」と祝辞を述べた。  タカネットは2009年6月の創立。中古車両の売買を中核事業にしながら営業ナンバーに対応した1年新車更新型の短期リース事業を展開し、19年1月にはTOKYO PRO Market市場に上場した。東日本車両センターは常時600台の商用トラックを展示できる施設で、東日本エリアでは業界最大規模を誇るという。(高木明) 【写真=西口社長(左から3人目)らが鏡開き】





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap