物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

西久大運輸倉庫、障がい者がデザイン プリントラック披露

物流企業

2019/04/05 0:00

 西久大運輸倉庫(彌永忠社長、福岡市東区)は3月26日、大型車のボディーに障がい者が描いたイラストをラッピングした「プリントラック」を福岡県立美術館(福岡市中央区)で披露した。  同社では、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、調味料製造・販売の久原本家グループ本社(河辺哲司社長、福岡県久山町)が主催する障がい者絵画コンクール「くばら だんだんアート」をサポート。2016年から毎年1台、作品をPRするためのプリントラックを作製している。  西九大運輸倉庫がプリントラックに適した新車の大型トラックを準備し、自社工場の大型カラープリンターで入賞作品を車体一面にデザイン。「動くキャンバス」として全国を駆け巡り、障がいのある方々のアートを新しい文化として発信し、芸術活動と自立を支援する。  今年の絵画コンテストは「あなたは発明者! ~こんな食べ物あったらいいな」をテーマに作品を募集。プリントラックには、巨大なおにぎりを元気いっぱいに食べる男の子や、山盛りのサンドイッチ、おにぎりのクジラなど、カラフルな作品が迫力満点で描かれた。  彌永社長は「どの絵画も純粋で、パワーにあふれる魂のこもった作品ばかり。休憩、休息でトラックを停車させると、人だかりができるほどの人気ぶりだ。注目されることでドライバーの気持ちも引き締まる。今後も安全運転でコンクールを支援していきたい」と話している。(上田慎二) 【写真=トラックを背景に記念写真に納まる彌永社長(右端)と作者ら】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap