物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヤマト運輸、青森県・YGLと協定締結 農林水産品の輸出拡大へ

行政

2019/03/26 0:00

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)は、青森県と連携して進めてきた総合流通プラットフォーム「A!Premium(Aプレミアム)」の更なる拡充を図る。新たにヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL、金井宏芳社長、東京都中央区)を加えた3者による協定を19日に締結。4月から青森空港を利用した海外ルートを設定し、青森県産の農林水産品の輸出拡大を目指す。  Aプレミアムは、トラックと航空機を効率的に接続させる「スピード保冷」の小口一貫輸送で、2015年からサービスを開始した。コストの縮減と鮮度を保持した付加価値の高い物流を強みに、リードタイムが長く、市場を開拓できなかった西日本やアジア方面で新たな顧客を獲得。更に、国内取り扱い実績は15年度で535個だったが、17年度には約5倍の2785個まで増加するなど、実績を伸ばしてきた。  これまではトラックで仙台空港まで産品を運び、関西や沖縄の空港を活用して各地へ輸送する経路だったが、4月以降は青森空港から羽田と成田の両空港を利用して海外へ輸送するルートを確保する。  国外での青森県産品のニーズが高まっており、フライトの選択肢を広げるとともに中ロット以上の貨物にも対応。リンゴやコメ、日本酒などの商材を、主に香港やシンガポールなどアジア地域へ輸送する。欧州への輸送も視野に入れている。  19日に行われた締結式で、長尾社長と三村申吾知事、YGLの梅津克彦会長が固い握手を交わした。5月には県内4カ所で説明会を開く計画で、物流に限らず商流開拓にも力を入れていく予定だ。(今松大) 【写真=締結式で握手を交わす(左から)長尾社長、三村知事、梅津会長】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap