物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

北海道開発局/シンポ、道内「生産空間」維持へ 地域・行政・民間 三位一体の連携重要

行政

2019/03/08 0:00

 北海道開発局は2月28日、札幌市で道内の「生産空間」の維持に向けたシンポジウムを開いた。講演では、コンビニエンスストア「セイコーマート」を運営するセコマ(札幌市中央区)の丸谷智保社長が、物流や地域・行政との連携の重要性を強調。パネルディスカッションでは名寄商工会議所の藤田健慈会頭が、現在進めている道の駅などを利用した共同配送の取り組みについて説明した。(土屋太朗)  丸谷氏は「昔は『無医村』という言葉があったが、今は『無店舗村』が出てきている」と道内の現状を述べた上で、人口900人の紋別市・上渚滑(かみしょこつ)町で出店した事例を紹介。地元の要請を受け、市の助成金などを活用することで低コストでの出店を実現した。  営業時間を午後8時までとすることで人件費や光熱費を抑えたほか、既存の物流ルートに組み込むことにより、物流コストも掛からないようにした。  丸谷氏は「地域、行政、民間の三位一体で取り組む必要がある。『地域おこし』よりも『地域残し』の方が先」とし、各地域を結ぶ物流の重要性を示した。  また、パネルディスカッションでは、藤田氏が、名寄市で道の駅などを拠点とする共同配送について紹介。「地域物流会社」として設立した道北ロジスティクス(松下賢二社長、北海道名寄市)が地域の物流情報を吸い上げて積載率を高め、商工会は荷主集めの役割を担う。4月以降に事業を本格化させる方針だ。  藤田氏は「住民の物流への理解も必要で、大変な努力によって運ばれていることをもっと宣伝しなければならない」と言及。石田氏は「物流は、事業者の工夫と努力で成り立っているが、限界を超えつつある。地域側がそれに気付き、社会の仕組みを変える取り組みは素晴らしい」と語った。 【写真=道の駅を拠点とした共配について、パネルディスカッションで紹介】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap