物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

OTTロジ、シンエイロジに切り替え サービス向上&効率化 物量拡大にも対応

物流企業

2018/10/04 0:00

 オーティーティーロジスティクス(OTTロジ、水田陽一社長、大阪府高槻市)は、神奈川県内向けの電子部品物流を強化する。これまで複数の大手物流会社に委託していたが、8月から電子部品物流専門のシンエイロジステック(冨田武社長、横浜市鶴見区)にシフトし、9月中旬からは物量拡大にも対応。大手物流会社からの運賃値上げや集荷時間の前倒し要求が厳しくなり、納品先のニーズに応えるのが難しくなったことから、シンエイロジとの連携でサービス向上と効率化につなげる。(吉田英行)  OTTロジは電子部品に特化した物流会社で、全国26拠点で配送を手掛ける。2018年3月期の売上高は83億円。  これまで、東京都大田区平和島の物流センターから神奈川県内向けの小口配送は、複数の大手物流会社に委託していた。しかし、ドライバー不足を受け、2017年から大手が相次いで値上げを表明。集荷時間の前倒しについても厳しく求めるようになり、納品先に対するサービス低下の懸念が出てきた。  このため、増車を続けて自社便を拡大するとともに、自社便でカバーし切れていない神奈川県への配送については、8月にシンエイロジに切り替えた。9月からは、埼玉県川口市の物流センターで取り扱っている電子部品商社の商品の神奈川県内向け配送も、シンエイロジに委託した。  シンエイロジは、関西方面などから幹線便で早朝に平和島の物流センターに届いた電子部品を集荷し、自社の共同配送ネットワークに載せて、2~4トン車でメーカーの工場や商社の拠点など計30カ所へ小口配送する。大手物流会社は前日夕方の集荷となるが、シンエイロジでは当日朝に集荷して、共配網に載せる体制を整えた。  OTTロジは、従来商社の営業マンが行っていた営業活動の一環としての納品を代行するサービスを提供しており、納品先での応対を含めた品質を重視している。シンエイロジは電子部品商社の物流業務を長年担っており、電子部品の保管・配送にノウハウを持つ。その上、社内教育に力を入れており、ドライバーのサービスレベルも高い。更に、OTTロジがカバーし切れない神奈川エリアに共配網を持つことから、サービス向上と効率化に向けて両社が手を組むこととなった。今後、荷主の協力を得ながら、連携拡大も視野に入れる。  大手物流会社が相次いで値上げに踏み切る中、OTTロジは運賃を据え置き、自社便拡大や配車システム導入などで効率化を図り、サービスレベルを維持している。  水田社長は「大手の相次ぐ値上げ以降、新規荷主からの問い合わせが急激に増え、物量が拡大している。値上げに嫌気がさしている納品先は少なくない。人手不足の影響は当社にもあるが、値上げや集荷前倒しの前に、自助努力で出来ることがある」としている。 【写真=握手するOTTロジの水田社長(左)とシンエイロジの冨田社長】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap