物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

北関東物流、新本社が営業スタート 配車機能の高度化進め

物流企業

2018/01/22 0:00

 【栃木】卸・流通事業者向け3PL(サードパーティー・ロジスティクス)を手掛ける北関東物流(神成光輝社長、栃木県鹿沼市)は11日、とちぎ流通センター協同組合(関口快流理事長)内に開設した、新本社施設での営業を開始した。壬生(みぶ)町にあった旧本社施設は、1月末までに売却予定。同社最大規模の拠点である鹿沼営業所の近隣地区で、営業活動や配車機能の高度化を進める。  新本社は敷地面積1130平方メートル、2階建てで延べ床面積440平方メートル。事務経理などのオフィス機能のみに特化。鹿沼営業所は敷地面積6500平方メートル、鉄筋4階建て延べ床面積8700平方メートルの倉庫、事務所棟があり、通過型の流通加工や在庫保管機能も備えている。  同協組は、東北自動車道・鹿沼インターチェンジに近く、東北から関東などに広がる各拠点の責任者も集まりやすい立地で、2階部分には床面積100平方メートルのセミナールームを設置。社内研修だけでなく、社外でのイベントにも開放し、様々な情報交換にも活用していく方針。  同社は2018年3月期の売上高に29億円を予想する。ドラッグストア向けの共同配送に強みがあり、主力の関東から東北までに9拠点を構える。パートを含めた従業員数は350人、車両90台を保有する。  神成社長は「15年の鹿沼営業所の開設など、この数年間は急ピッチで投資活動を進めてきた。この本社移転で一段落となる。今後は中身の充実を進めたい」と話している。(佐々木健) 【写真=事務経理などのオフィス機能のみに特化】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap