物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヤマニ屋物流、新本社事務所が完成 食品共配の業務に対応 9日から業務を開始

物流企業

2018/01/01 0:00

 【茨城】ヤマニ屋物流サービス(相良利夫社長、茨城県境町)が古河市に建設していた本社事務所が完成し、9日から業務を開始する。昨秋から稼働した同敷地内の戦略的複合型拠点、食品共同配送センターの業務に対応するため。本社移転後、境町の拠点は関東物流センターとして活用し、倉庫関連業務を主軸に事業を展開する。(谷本博)  新設した食品共配センターの敷地には、既存の共配センターも立地。同社はかつて、旧センターに本社機能を置いていたため、再度の本社移転となる。国道4号バイパス沿いで、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の五霞インターチェンジ(IC)や境古河ICからも近く、交通の要衝に位置している。  同バイパスを挟んで反対側には、自動車整備を手掛けるグループ会社、ワイ・ビー・エス整備(同、古河市)がある。その隣接地である1万平方メートルの敷地には、床面積6千平方メートルの平屋建て施設が17年4月に竣工したばかりで、自動車部品向けの専用センターとして稼働している。  これと並行して建設を進めていた新共配センターは平屋建てで、床面積2万平方メートルの規模。旧センター(2階建て、延べ床面積6千平方メートル)と合わせると、延べ床面積は2万6千平方メートルに拡大した。  新センターでは、6300平方メートル(42×150メートル)の仕分けスペースを確保。仕分け作業が主に夜間となることを想定し、敷地内を一方通行にして安全の確保や効率化につなげた。また、高さ12メートル、有効高8メートルの全天候型としたことで、あらゆる貨物に対応可能。通過型機能を備える一方で、保管機能の充実も図った。こうした強味を生かし、同センターから東京、神奈川を除く関東一円に配送する。  同社は、食品共配センターの敷地の面積が6万平方メートル以上と広大なことから、4号バイパス沿いに本社事務所の建設を計画。2階建て、延べ床面積は1千平方メートルの事務所を設けた。18年3月期の売上高は、新センターが年末から年度末にかけてフル稼働となることもあり、初の40億円台に乗ることが確実とみられる。  相良氏は「食品の共配ではメーカー80社ほどを扱っているが、今後も更に増えることが見込まれ、2万6千平方メートルの施設では手狭になってくる。このため、近い将来には4万6千平方メートルある隣接地への拡張も計画している」と話しており、更なる成長戦略を描いている。 【写真=食品共配センター敷地内に完成した本社事務所】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap