物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

南光運輸、石巻港で潮見倉庫完成 木質ペレット保管・提供 来年中旬にも業務開始

物流企業

2017/10/23 0:00

 南光運輸(内田耕一郎社長、宮城県石巻市)が石巻港区で建設を進めていた潮見倉庫が17日、完成した。親会社の日本製紙が進めるバイオマス発電事業(石巻雲雀野発電所)に伴う木質ペレット燃料を保管・供給する倉庫で、11月上旬~中旬に燃料を載せた第1船が入港し、保管業務をスタートさせる。同日、関係者による竣工式と祝賀会を開いた。(黒田秀男)  建設地は、日本製紙が石巻市潮見に保有する新潮見ヤード5万平方メートルのうちの1万9千平方メートルを借り受けた。鉄骨造り平屋建ての倉庫(床面積1495平方メートル)を6棟、建設。保管品の品質保持や搬入・搬出などを考慮し、3棟ずつ向かい合わせに並べた。6棟の合計保管能力は2万トン。軒高が9.2メートル(最高部11.7メートル)で、最新の防犯、防火設備を整えた。  保管する木質ペレット燃料は北米(カナダ)や東南アジア(ベトナムなど)から輸入。石巻港から陸揚げして同倉庫にストックし、バイオマス発電所の燃料として供給する。第1船は早ければ11月上旬に石巻港に入港する予定で、1万トンを陸揚げし、12月中旬から供給を開始する。  燃料の供給先は、日本製紙と三菱商事グループが共同出資した日本製紙石巻エネルギーセンター(東藤芳臣社長、石巻市)が、石巻市雲雀野地区に建設する石炭・バイオマス混焼火力発電施設。最大出力は14万9千キロワットで、18年3月から営業運転を開始する計画。  同日の祝賀会で、内田社長は「来年3月の営業運転に向け、万全な供給体制を整えたい」とあいさつした。 【写真=3棟ずつ向かい合わせに並ぶ潮見倉庫】





本紙ピックアップ

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

オススメ記事

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap