物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

京運支局、求職者むけ運輸ゼミ 物流センター見学など 運転者がやりがい伝え

行政

2017/09/21 0:00

 【京都】京都運輸支局は14日、府の就職支援施設「京都ジョブパーク」と運輸業界セミナー及び物流センター見学会を開き、求職者ら40人が参加した。京都ジョブパークが人手不足の顕著な業界向けに、2016年度から実施している取り組みの一つで、京都府トラック協会(荒木律也会長)とハローワークも協力。セミナーや現場視察を通じて、業界の重要性や魅力を発信した。(落合涼二)  セミナーでは、大阪産業大学の浜崎章洋教授が、「運輸という仕事」をテーマに、業界を取り巻く状況を説明。ゼミ生が関西の物流会社を対象に行ったドライバー就業実態調査(114人回答)で、89%が人間関係に満足していたり、77%が休暇が取りやすいと答えたりした事例を踏まえながら、「物流は成長産業。単に輸送するだけでなく、新しいサービスの開発も進んでいる。これを機に就職の選択肢の一つとして考えてみて欲しい」と呼び掛けた。  引き続き、浜崎氏と現職ドライバー3人が、入社のきっかけや日常業務でのやりがい、就職前と就職後における印象などについて、ディスカッションした。  関西丸和ロジスティクス(吉井章社長、京都市南区)で、生活協同組合の個配を担当する女性ドライバー、岩本涼音さんは「小さい頃からトラックに憧れていた。配達時に『ありがとう」とお礼を言われると、『人の役に立てている』と実感することができる。同級生と仕事の話をした際、収入が一番多いのも魅力」と話した。  また、佐川急便(荒木秀夫社長、同)の京都営業所で営業係長を務める石田朋也氏は「父親も佐川急便で働いていた。子供の頃の記憶をたどると、父親が輝いて見え、運輸業は社会から必要とされる仕事だと思った。配送先で感謝の言葉をもらった時、やりがいを感じる」と述べた。  タカラ物流システム(上坂良秋社長、京田辺市)の中井健善氏も「大学卒業後に1年間サラリーマンをしていた。しかし、親がドライバーをしていたことや、体を動かすのが好きだったため、ドライバーへ転職。大型トラックに乗りたいと思い、現在の会社に入社した。運んでいる商品がスーパーやコンビニエンスストアに並んでいるのを見た時に、この仕事をやっていて良かったと感じる」と説明した。  求職者からは「やりがいがあって楽しそうに思えたが、自分の時間と仕事の時間の割合を教えてもらいたい」「納品時間に厳しいイメージがあるが、実際はどなのか」「定年まで勤めることは可能なのか」といった質問が出された。  午後からは、タカラ物流システムの西日本ロジスティクスセンター(同市)を見学。会社概要についてレクチャーを受けた後、フォークリフト作業や流通加工現場を視察した。 【写真=タカラ物流システムのセンターを見学】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap