物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

大阪府警鶴見署、ドライバー7人検挙 住民からトラック駐車違反の苦情受け

行政

2017/09/04 0:00

 大阪府警鶴見署は8月30日、管内の花博記念公園鶴見緑地(大阪市鶴見区)前の道路に駐車し、休憩や仮眠をしているトラック運転者に対する取り締まりを行い、ドライバー7人を駐車違反で検挙した。  鶴見緑地前の道路は片側3車線と広く、近畿自動車道や第2京阪道路、府道2号大阪中央環状線、国道479号(大阪内環状線)といった幹線道路に近く、大阪市内へのアクセスが良い。  このため、路上でアイドリングしたまま停車し、休憩や仮眠を取るドライバーが多くみられ、特に夜間から早朝にかけては駐車車両が急増。近隣住民から「道路を横断する際に見通しが悪く危険」「排出ガスの臭いがひどい」「ゴミのポイ捨てがみられる」といった苦情が、府警などに多く寄せられていた。  鶴見署では、警察官を巡回させ、駐車車両への指導や警告を繰り返し行う一方、大阪府トラック協会(辻卓史会長)にも違法駐車追放への協力を求めてきた。  取り締まりに当たった掘井貴浩交通課長は31日、本紙の取材に対し、「再三にわたり指導を重ねてきたが、なかなか改善がみられず、取り締まりに踏み切った。近隣には大型車が駐車できるパーキングもあるので、休憩や仮眠の際は法令順守でお願いしたい。駐車車両の一掃に向け、今後も取り締まりを続けていく」と語った。(小菓史和) 【写真=路上でアイドリングしたまま休憩や仮眠を取る運転者が多くみられる(一部画像処理しています)】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap