物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

SBS、大型施設を自社開発 総延べ床面積29万平米を計画 iGOQを10月メドに提供開始

物流企業

2017/08/21 0:00

 SBSホールディングスは大型物流施設の自社開発に傾注する。茨城県阿見町に雪印メグミルク向けの3温度帯センター(延べ床面積9900平方メートル)を2018年4月に竣工するのを皮切りに、10月から大阪市住之江区の新センター(4万9500平方メートル)の建設に着手。千葉県野田市には同社大級の拠点(23万1千平方メートル)を誕生させる。(沢田顕嗣)  10日に開催した17年1~6月期の決算説明会で、鎌田正彦社長がグループ経営について言及し、総延べ床面積が29万平方メートルに上る三つの開発プロジェクトを公表。既存の施設を売却して資金を捻出する一方、土地を取得して新たな施設を開発するビジネスモデルに注力する方針を示した。  野田市で計画しているセンターは、13万2千平方メートルの土地に11万5500平方メートルの倉庫2棟を配置。Ⅰ期が20年、Ⅱ期は22年の完成を予定しているほか、Ⅰ期のスペースはほぼ埋まる見通しであることも明らかにした。鎌田氏は「物流会社が7万坪(23万1千平方メートル)の倉庫をつくった事例は無いのではないか。こうした大型のプロジェクトと並行して、投資を回収する流動化にも取り組んでいく」と力説した。  更に、物流事業の進ちょく状況に触れ、物流シェアリング・プラットフォーム「iGOQ(イゴーク)」の提供を10月中をメドに開始すると報告。スマートフォン(スマホ)のレンタル料を月額2980円(税別)に設定するとともに、まずはトラック5万台の登録を目指したい意向を示した。  併せて、センター業務を絡めた新規受託案件に、大手アパレル、総合建材店、ペットフードの製造・販売、コンビニエンスストアの各カテゴリーを挙げた。  また、BtoC(企業-消費者)の宅配事業について、「佐川急便やヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)の値上げに伴い、車を出して欲しいという相談が寄せられている。首都圏のニーズに応えたい」と述べた。  このほか、財務状況については、自己資本比率が26.8%(15年1~6月期は22.5%)、企業財務の健全性を示すネットDEレシオは1.39(1.95)と回復していることも強調した。 【写真=大阪市に開設する新センター(完成予想図)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap