物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

中国陸運、岡山・倉敷に拠点開設 中古物件改装し今秋稼働

物流企業

2017/08/03 0:00

 【広島】中国陸運(西尾義輝社長、広島県廿日市市)は岡山県倉敷市に、冷蔵・冷凍食品向けの物流センターを開設する。中古物件を取得済みで、8月から改装を進めた後、顧客ニーズに対応しながら今秋以降の稼働を目指す。(矢野孝明)  瀬戸中央自動車道・水島インターチェンジ西隣に位置する、敷地面積6600平方メートルの既存施設を購入した。倉庫は平屋建てで床面積3300平方メートル。このうち3170平方メートルが冷蔵庫。冷凍庫は130平方メートルの規模だが、500平方メートル程度まで拡張できる。ドックシェルター21基を設けるほか、事務所機能も備える。  1日に、物件の引き渡しを終えた。今後、倉庫全体の塗装をはじめ、LED(発光ダイオード)照明への交換、事務所、トイレ設備などのリニューアルを進める。  岡山県内の営業拠点は総社市、岡山市北区に続く3カ所目で、自前のセンターは初となる。既存の顧客や新規の案件など複数の荷主から引き合いがあり、業務内容や規模など、それぞれの要望に応じながら、庫内の間仕切りを含めて整備し直していく。また、トラック10台前後を新たに投入する。  西尾社長は「中国、四国地方に、九州も加えた広域の拠点として、岡山は重要なポイントになっている。当社の持つ食品の共同配送や混載便のノウハウも提供しながら、荷主の物流再編を支援したい。中古物件で投資額を抑えているので、焦らずにシステムを構築していく」と話している。 【写真=庫内の間仕切りを含めて整備し直す】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap