物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

セイリョウライン、子供の絵をラッピング 宮田運輸の取り組みに賛同

物流企業

2017/07/10 0:00

 【愛知】セイリョウライン(幣旗貴行社長、愛知県大府市)は1日、荷台背面に子供が描いた絵をラッピングした「こどもミュージアムトラック」の出発式を行い、ラッピングが完了したトラック2台を披露した。宮田運輸(大阪府高槻市)の宮田博文社長が2014年8月から取り組みを開始した「こどもミュージアムプロジェクト」に賛同したもので、宮田氏や緑警察署の二ノ宮康延交通課長、絵を描いた子供らを招き、出発を祝った。(奥出和彦)  幣旗社長は宮田運輸のトラックについて触れ、「素敵なトラックだと感じ、いつか当社のトラックにも子供の絵を載せたいと、ずっと思っていた」と説明。その上で「社内でも賛同を得られた。まさに当社の社是『Heart to LINE』の通り、皆の心を未来につなぐ象徴になるのでは」と述べた。  宮田氏は「これで40社が参画し、96台目となった。東京オリンピック・パラリンピックまでには、全国で150万台あるトラックのうち、75万台をこどもミュージアムトラックにしたい。多くのトラックが子供の絵のキャンバスになれば、交通事故や人の争いもなくなるのでは。共に明るい未来を目指したい」と話した。  セイリョウラインの社員の子供6人が描いた、父親の似顔絵やトラックの絵を2台の車両に分けてラッピング。「いつもあそんでくれる。だからぜったいじこしないで」「安全運転でがんばって」など、思いの込もったメッセージが添えられた。  6人の子供一人ひとりに、幣旗氏が感謝状を手渡した。また、このトラックを担当するドライバー2人には委嘱状を授与。担当者の一人で、自身の子供が描いたトラックに乗車する林秀和氏は「子供と乗車し、一緒に戦っているような気持ちになる。車両を絶対に傷つけられない」と気を引き締めた。 【写真=「こどもミュージアムトラック」の出発式(幣旗社長、前列右から5人目)】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap