物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

横浜港、コスコ北米航路 就航 物流業者に活用よびかけ

行政

2017/03/30 0:00

 横浜川崎国際港湾(YKIP、諸岡正道社長、横浜市西区)は24日、中国国有の海運会社「中遠海運集装箱運輸公司」(コスコ)の北米航路が4月から横浜港に寄港するのに伴い、記者会見を行った。  YKIPの諸岡社長と、コスコシッピングラインズジャパン(東京都千代田区)の譚兵社長が新航路への期待を述べたほか、国土交通省の菊地身智雄港湾局長と横浜市の伊東慎介港湾局長もエールを送った。  諸岡氏が「コスコとは昨夏から新航路就航に向け、協議を進めてきた。新航路の発展のためには、我が国発着貨物を1個でも多く集めることが必要。荷主、物流事業者には航路を積極的に活用して欲しい」と呼び掛けた。  菊地氏は「戦略港湾政策を推進する国交省にとっても大きな一歩。京浜港がアジアのハブ港湾として復活するきっかけになることを祈念している」と強調。  伊藤氏も「コスコは北米航路に接続する東南アジア航路も開設している。北米とアジアを結ぶトランシップ拠点として、横浜港の更なる貨物量拡大につながることを期待する」と述べた。  譚氏は「コスコにとって横浜は非常に重要なハブ港。北米航路は世界18港に寄港する基幹航路で、8500TEU(20フィートコンテナ換算)、10万トン級の自社船18隻を投入する。横浜港を窓口に、日本の顧客に高い品質と良いサービスを提供していきたい」と意欲を示した。(吉田英行) 【写真=記者会見で握手する(左から)横浜市の伊東港湾局長、コスコシッピングラインズジャパンの譚社長、YKIPの諸岡社長、国交省の菊地港湾局長】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap