物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

雪寄せ世界大会、岡部興業が3連覇 地域活性化につなげ

物流企業

2017/03/16 0:00

 【秋田】雪寄せをスポーツとして楽しむ「スポーツYUKIYOSE世界大会2017よこて」が5日、秋田県横手市の増田野球場で開かれ、岡部興業(岡部茂信社長、横手市)の「雪寄せ連覇」チームが優勝し、3連覇を飾った。  「厄介者」とされる雪を活用し、地域の活性化につなげようと、NPO(非営利組織)法人トップスポーツコンソーシアム秋田(佐藤裕之理事長)が主催。毎年開催しており、今回で4回目となる。  1チーム3~5人で構成。一度に競技を行えるのは3人とし、スコップ2本とスノーダンプ1台が使用できる。競技時間90分(30分のハーフタイムを挟み前後半各45分)以内に、高さ50センチの雪を、2.5メートルの幅で掘り進め、25メートル先にあるゴールまでの到達時間を競うもので、排雪状況もチェックされる。  今回は県内外から19チーム、約100人が出場。運送事業者では3連覇を目指す岡部興業から2チーム参加。川連運送(阿部久社長、湯沢市)は初めてエントリーした。今年は湿った重い雪のため、例年よりも力と技、チームワークが勝敗を分けた。  熱戦の結果、岡部興業の連覇チームが2位に50秒差をつけて3連覇を達成。同社のもう一つのチーム「雪寄せ部ドリーム」も4位と健闘した。川連運送は9位だった。  岡部興業は設立10周年を記念して15年の第2回大会から出場し、全て栄冠を手にしている。  1カ月前から筋トレを行い、連覇チームとして出場した岡部社長は「今年の雪は重く、きつかった。3連覇に向けて作戦を練り、何とか達成できた。社内だけでなく、地域の活性化にもつながる」としており、18年も優勝を目指す。(黒田秀男) 【写真=雪寄せはスポーツだ――と全出場選手が記念撮影】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap