物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

脇地運送、西風新都・新施設が順調 荷主増やしフル稼働へ

物流企業

2017/03/09 0:00

 【広島】脇地運送(金子武司社長、広島市西区)が、ひろしま西風新都(安佐南区)に建設していた物流センターが順調に稼働している。本格的に出荷が始まったのは1月30日からだが、床面積2580平方㍍の平屋建ての倉庫は既に65%は埋まっている。金子社長(41)は「残り35%は未定だが、メーカーから引き合いが来ている。新規荷主を確保し、徐々にフル稼働に持っていきたい」と話している  拠点の名称は「西風新都物流センター」で、中国自動車道・広島西風新都インターチェンジ(IC)から500メートル山陽自動車道・五日市ICと広島高速4号から7キロの好立地で、広島市中心部まで車で20分程度でアクセスできる。  敷地面積6340平方メートル、2階建て事務所も含めた建物の延べ床面積が3810平方メートル。広島市西部流通団地にある本社倉庫がひっ迫する繁忙期などには新物流センターで荷受けするが、新規荷主を増やすことで、本格的な営業倉庫として自立を目指す。  業務効率化を追求した設計が新センターの特長。大型車対応のプラットホームが14バース、シャッター8基を備える。シャッターの幅は8.4メートルと広く取り、柱などの障害物も設けず、トラックをホームに横付けして荷物の積み下ろしを短時間で出来るようにした。また、庇(ひさし)は張り出しが9メートルあり全天候型。  庫内スペースの有効活用にも配慮した。天井高は低いところでも7メートルあり、通常の商品は3段積み、重量ラックは4段積みにしている。また、バラ商品のピッキングエリアは、従業員にとって快適な職場にするため冷暖房を完備。作業に無駄が生じないようにピッキングリストはロケーション順に表示され、JANコードで処理して、荷主ごとの締め切り時間に応じた出荷ができる。  事務所棟は、明るい配色の休憩室、机と椅子を柔軟に配置して様々なタイプの会議ができるミーティングルームなどを備えている。また、建物各所に監視カメラを装備し、赤外線セキュリティーシステムも導入。火災予防のため休憩・喫煙所は建物の外に設けた。  当面のスタッフは5人だが、金子社長は「今年一年は新センターの土台を固め、将来は営業所としての展開も視野に入れていきたい」と話している。(江藤和博) 【写真=ピッキングエリアは、従業員にとって快適な職場にするため冷暖房を完備】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap