物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

第一貨物、庄内支店オープン 酒田・鶴岡支店を統合

物流企業

2016/11/03 0:00

 第一貨物(武藤幸規社長、山形市)が山形県三川町に建設していた「庄内支店」が完成、1日にオープンした。老朽化した酒田支店(酒田市)と鶴岡支店(鶴岡市)を統合し、その中間地点に当たる同町のみかわ産業団地内に開設。10月28日には、現地で新支店(ターミナル)の竣工式が行われた。(黒田秀男)  酒田、鶴岡の両支店とも、ターミナルは建築から40年以上経過し、老朽化していた。将来的な事業所展開を見据え、両拠点を統合し、日本海側ネットワークの主要拠点に位置付ける。  これにより、業務面と運行便の効率化を図り、リードタイム短縮などのサービスを向上させるほか、日本海側の北東北地区と中京地区の中継基地として活用。東南海大地震など大規模災害発生時には、日本海周りの危機管理事業所としての機能も果たす。  新支店は、庄内エリアの中央に位置する。国道7号沿いで、日本海東北自動車道・庄内空港インターチェンジに近く、酒田港にも20キロの距離にある。  敷地面積が1万8660平方メートル。建物は鉄骨造り一部2階建ての準耐火建築物で、事務所とインドア方式の荷さばき場、保管庫を併設した。2階建ての事務所は延べ床面積が920平メートルで、事務スペースや会議室などを設けた。  平屋建ての荷さばき場は、東西の両面を使用するプラットホーム形式で、冬季の強風による風雪に対応するためインドア方式を取り入れ、西側(海側)のプラットホームを覆ったのが特色。ホームは長さ58メートル、幅31メートルで、荷さばきスペースが1790平方メートル。インドア部分の幅は20メートルあり、集配車がゆったりと出入りできる。  また、新たなロジスティクス事業の開始に向け、保管面積が680平方メートルの一時保管庫も設置した。  施設内は全てLED(発光ダイオード)照明を採用し、省エネルギーに対応。セキュリティーを確保するため、デジタル監視カメラを30台設置。敷地構内監視用に、夜間対応カメラを導入した。このほか、強風地帯への立地を考慮し、西側の田畑に面して高さ3メートルの防雪柵も立てた。  竣工式で、武藤社長が「日本海側の東北の主要拠点として、集配、運行など127人のスタッフで、全国に17の路線便を仕立て、荷主500社の荷物を発送したい。よりサービスを充実させ、皆さまのお役に立ちたい」とあいさつ。  また、阿部誠三川町長、花王酒田工場の谷本均工場長、オリエンタルモーター・鶴岡カンパニーの兼村豊社長が祝辞を述べた。 【写真=業務面と運行便の効率化を図る】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap