物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

改善基準通達改正1年、航送実績「一進一退」 余裕ある運行可能に

行政

2016/08/29 0:00

 「以前と比べ余裕を持った運行計画が立てられるようになった」「フェリー利用の問い合わせは多くなったが、『実需』に結び付いていない」。フェリー乗船時の拘束時間2時間を休息期間とする改善基準告示の通達が改正されてから9月1日で1年になるが、トラック業界とフェリー業界の「思惑」は一致していない。北海道運輸局の統計によると、北海道―本州の中・長距離フェリーのトラック航送実績は一進一退を続けている。(北原進之輔、那須野ゆみ、高木明)  「苫小牧(北海道)-八戸(青森)航路の利用で、大変助かっている。乗船時間は8時間で、下船後(休息を取らずに)すぐに走れる。ドライバーは余裕を持って運転できる」(札幌定温運輸の伊藤邦博社長)  「長距離は大半を無人航送しているが、最も助かっているのは苫小牧-八戸航路だ。運行計画、労務管理の面で楽になった」(北海運輸の沢本一輝社長)  労働環境の改善に積極的に取り組むトラック事業者の関心は高い。本州向けのフェリー航路の乗船(航海)時間は海峡フェリーなどを除き、大半が10時間以上で、通達が改正される以前から連続8時間の休息期間を確保できていた。  しかし、乗船時間が8時間の苫小牧-八戸航路では、下船後すぐ乗務・運転できるようになり「利便性」が高まった。青函航路の休息期間が2時間から4時間になったことによる効果も大きいという。  地元では「2時間の拘束時間が休息期間になったのは、月間拘束時間293時間を守る上で、かなりのメリットとなる。フェリーの利用頻度の高い事業者や293時間を超えていた事業者は、助かっただろう」との声が多い。  北運局によると、北海道―本州の中・長距離フェリーのトラック航送実績はほぼ前年並みで、直近6カ月(15年11月~16年4月)は前年同期比2.7%減の28万9300台で推移している。  苫小牧-八戸航路の川崎近海汽船では「4~6月のトラック航送は微増だったが、便数減を考慮すれば1隻当たりの乗船率は向上した。だが、思ったほど上向いていない。景気低迷による荷動き不振もあるのだろうが、必ずしも実需には結び付いていない」(友井彰彦常務)と複雑な表情だ。 【写真=苫小牧―八戸航路では、下船後すぐ乗務・運転できるように(苫小牧港)】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap