物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

トランコム、愛知学院大で寄付講座 産学連携むけ社会貢献

物流企業

2016/08/11 0:00

 トランコムは4日、愛知学院大学(佐藤悦成学長、愛知県日進市)との間で寄付講座の覚書を交わす調印式を行った。インターネット通販の普及などに伴い、学生の物流に対する興味と就職先としての人気が高まっていることを受け、大学側が要望していた。産学連携に向けた同社の社会貢献活動の一環で、式典は名古屋市内の名城公園キャンパスで実施。講座は2期生以上の学生を対象に春から全15回開いており、秋にも同じ内容で開講し、今後は恒久化する。  恒川穣社長は「今回の取り組みは、本社を置く地域への大学を通した恩返しと考えている。併せて、『行学一体』と『報恩感謝』の教育理念によって当社の社員の人間力を磨かせてもらう。自身も生きていく上で禅の教えを役立てているので、自己研さんさせてもらいたい」とあいさつ。  佐藤学長は「最近の物流は、IT(情報技術)と一体で、効率良く物資を行き渡らせるかが課題と聞いている。本学は今年で創立140年。講義を受けた学生からの評判も良く、多くの刺激を受けている。知の実践ができる社会人として、学生が自身を磨けるよう協力をお願いしたい」と感謝を述べた。  講義は、各部署の社員が講師となり、自社の事業を中心とする物流業界全般について講演。名城公園キャンパスの至近にある名古屋情報センターへの現場見学やグループディスカッションに加え、男女の新入社員が講師となる回も設定し、学生の物流業界への興味誘因と従業員の自己啓発に役立てている。  恒川氏は「結果として学生の人材確保の側面はあるが、前提ではない。それよりも社員が改めてそれぞれの仕事を体系立てて見直し、レベルを高めて精度を上げることに価値がある。社内の資格制度の一つとしても活用しているので、この取り組みを末永く続けていきたい」と話した。(梅本誠治) 【写真=協定書を手に佐藤学長と握手を交わす恒川社長(左)】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap