物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

大阪ト協、会長に辻氏昇格 新田氏 女性初の副会長

団体

2016/06/13 0:00

 【大阪】大阪府トラック協会(坂本克己会長)は3日、総会を開き、任期満了に伴う役員改選で、辻卓史副会長(73、鴻池運輸)が会長に昇格した。副会長には計3人を新任、女性で初めて大阪ト協女性経営者懇話会の新田朝世会長(72、新田運送)が選ばれた。坂本会長(77、大阪運輸倉庫)は、名誉会長に就いた。  副会長には、中原毅氏(63、中原運輸)、新田氏、松井剛士氏(61、センコー)を新たに選出。福田泰久氏(69、同)が退任し、川端英治(80、南海通運)、吉本英雄(78、シンワ・アクティブ)、松元憲行(72、東陽運輸)、中川才助(72、中川運送)、重博文(72、富士通運輸興業)の各氏は再選された。  常勤役員は、桐原正明専務(64)の後任に前大阪運輸支局長の滝口敬介氏(61) が就任。常務には、新たに橋本文輝総務部長(62)が選ばれ、西本雄治(64)、斎藤一之(58)の両氏は留任した。  坂本氏は「3期6年の長きにわたる協力に感謝したい。前へ前へと夢中で進んできた。皆さんの力添えが無ければ、職務を全うすることはできなかった」と謝辞。  続けて、「辻新会長は、野球選手に例えると、豪速球も変化球も見事に投げ分ける本格派投手であり、大阪ト協を立派にけん引されると信じている」とエールを送った。  一方、辻氏は「坂本前会長は鋭い直観力と洞察力、類いまれなパワーと情熱と突破力を発揮された。幅広い人脈を生かして業界をリードされ、運送業界に数多くの改革と前進をもたらした」と功績をたたえた。  その上で、「会長に選ばれたことは、身に余る光栄。坂本氏にはとても及ばないが、会員の英知を結集し、開かれた透明性のある運営に努めたい。トラック輸送を取り巻く環境は厳しい。適正運賃収受など直面する課題はあまりにも多いが、最大限の努力を傾けたい。皆さんの理解と協力をお願いする」と抱負を述べた。  近畿運輸局の天谷直昭局長は「辻氏は豊富な経験を生かして、業界発展に尽くされると期待している」と祝辞を述べた。  決算は、一般会計が収入7億2859万円、支出5億1300万円で、2億1559万円を繰り越した。交付金特別会計が7億1023万円で、運輸事業振興助成交付金は予算9億6510万円に対して6億201万円の交付にとどまった。期末の公益目的財産は108億4255万円で、期首に比べ10億1814万円減少した。(小菓史和) 【写真=固く握手を交わす辻新会長(右)と坂本会長】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap