物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

味の素物流、食品メーカーの共配支援 車両数3割削減

物流企業

2016/06/09 0:00

 味の素物流(田中宏幸社長、東京都中央区)は、労働力不足時代への対応を強化している。全体最適を実現する物流統合システム「ALIS(アリス)」を駆使し、4月から食品メーカーの共同配送を支援するサービスを開始。労働環境の変化を背にした製(メーカー)と配(卸)の新たな連携に貢献している。  食品メーカーの共配は6社(味の素、カゴメ、ミツカン、日清オイリオグループ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社)を中心に、北海道で先行スタート。効率化に不可欠な共通の言語・オペレーションを採用するとともに、パレット単位の事前出荷情報を納品先の卸に送信。これにより、検品の簡略化に結び付ける計画だ。車両数も3割以上の削減を見込んでいる。  同社では、ALISを武器に、より多くの荷主に共配への参加を提案していく方針。既にALISを利用したい意向を表明している会社がある他、業務用食材を取り扱う新規荷主との取引も今秋をメドに開始する予定だ。  更には、味の素グループのSCM(サプライチェーン・マネジメント)戦略に並走する「グローバルALIS」の開発にも取り組んでいる。同社はタイやカンボジアで海外事業を展開しており、今後も東南アジアを中心に、海外事業を拡大していきたい考え。  2016年度は、労働力の豊富な時代を前提とした仕事のスタイルも抜本的に見直す。貨物とサービスの内容を踏まえたセンター構築を目指し、マテハンや自動化技術の活用も含め現場を基点とする運営体制を確立する。事業部別センター経営の推進に加えて、荷主別損益システムの運用にも注力。センターの特性に応じた新KPI(重要業績評価指標)を設け、事業・荷主単位の最適化を追求する。  人材教育は個々の生産性を1割高める「パワーアップ10運動」を軸に実施しており、3月の成果発表大会では、10チームが取り組みを報告。今後は、顧客が参加する「現場力発表会」に衣替えできるような活動に発展させていく方針だ。  この他、食品の輸配送車両を中心とする数千台の車両を対象に、全地球測位システム(GPS)の導入を加速。モーダルシフトを促進する一環として、鉄道輸送用の31フィートコンテナ「レールライナー」の運行も拡充していく。  16年3月期の売上高が607億円、17年3月期は前期とほぼ横ばいの605億円を見込む。田中社長は「荷主や事業ごとに数字を精査し、仕事のやり方を再点検する必要性を痛感した。マン/アワー(1人当たりの1時間の生産性)という言葉があるが、人手確保難の時代にはそぐわない尺度だ。例えば、自動倉庫を活用するのが適当である場合に、人手を掛けることを前提とした指標は意味を成さない。一つひとつの作業を分析した上で、改善を図っていきたい」と話している。(沢田顕嗣) 【写真=鉄道輸送用の31フィートコンテナの運行も拡充】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap