物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

磐栄HDグループ3社/安全大会 高品質物流で地域貢献

物流企業

2016/05/23 0:00

 【福島】磐栄ホールディングス(村田裕之社長、福島県いわき市)グループの福島県中通り3社は15日、春季合同安全大会を開いた。各社トップの決意表明や安全確保対策を示した上で、安全で高品質の物流サービスを通じ、地域社会に貢献していくことを誓った。(富田久男)  3月のHD制導入に伴い、これまで村田氏が社長を兼務していた子会社の役員を刷新。グループの結束強化を図るとともに、地域性や業務形態などの特殊性を生かしながら業容拡大を図る方針を掲げた。  こうした中、中通りにある福島北桑運輸(半田俊朗社長、桑折町)、エムケー物流(藤田安宏社長、大玉村)、川俣貨物(武藤正男社長、川俣町)の連携強化と安全輸送に対する意識高揚を図ろうと、初めて3社合同の安全大会を開いた。  ドライバーとグループ各社の代表者ら200人が出席。村田社長はHD制導入の目的や今後の経営方針などを示しながら、「現在、従業員570人、車両数570台の企業規模となった。統一、グループ化のメリットを追求するだけでなく、各社の独自性を生かした事業を展開し、顧客ニーズに的確に対応していこう」と訓示した。  また、「社員の幸せを第一に考える会社でありたい。皆の力を結集すれば、素晴らしい仕事ができる。安全意識を高め、事故ゼロに全力で取り組もう」と呼び掛けた。  大会では、売り上げ目標や経営方針などについて、各社トップが決意を表明。また、安全活動や輸送品質向上に向けた取り組み目標を示し、事故ゼロにチャレンジすることを誓った。  続いて、日本交通事故鑑識研究所の長森紀紘交通安全アドバイザーが「トラック事故は防げる。防衛運転が最良の決め手」をテーマに講演。ドライブレコーダーの記録映像を使いながら、事故要因やドライバー心理などを分析して注意を促した。 【写真=事故ゼロを誓うドライバーたち】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap