物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

トーエイ物流、新卒用に軽貨物車導入 再雇用の受け皿にも

物流企業

2016/05/12 0:00

 トーエイ物流(遠藤長俊社長、埼玉県久喜市)は4月から新卒採用のドライバー用に軽貨物車両を導入した。普通自動車免許を取得した高校新卒が、準中型免許を取得するまでの『つなぎ』として、軽貨物車両で運転に慣れてもらうのが狙い。また、定年を迎えたドライバーを再雇用する際の受け皿としても位置付けている。  今春、同社は高校新卒3人(全員男性)を採用したことから、軽貨物車3台を導入した。あくまで運転に慣れてもらい、配送作業の流れなどを知ってもらうのが目的で、これまで特積事業者などに委託していた荷物を内製化。既存顧客に限定し、新規営業は行わない方針だ。  軽貨物車両はホロ付きの荷台で、カラーリングはトラックのデザインに合わせたことで、PR効果も期待している。4月中は、定年を迎えて再雇用となったベテランが同乗し指導。5月の連休明けから一人立ちとなる。  同社のドライバーの平均年齢は46歳で、年々高くなっており、シニアドライバーの受け皿として活用を検討。本人の希望に応じて増車を計画しており、20台体制になれば事業部組織への移行も構想している。  遠藤社長は「軽貨物車は入り口(新卒者)と出口(再雇用者)の受け皿といえる。事業化となればパートタイマーなどにもドライバーとして活躍してもらう予定だ」と話している。(谷本博) 【写真=導入した軽貨物車】





本紙ピックアップ

国交省/乗務後自動点呼要領案、酒気帯び検知時対面に

 国土交通省は24日、ロボットなどによる乗務後自動点呼に必要な機器・システムや、運送事業者が実施するのに必要な施設及び環境要件、運用上の順守事項、届け出に関する事項を定めた要領案を公表した。事業者に対しては、酒気帯びの検…

道路交通センサスOD調査、ビッグデータ活用拡大へ

 国土交通省は、次回(2025年度)の全国道路・街路交通情勢調査(道路交通センサス)の自動車起終点調査(OD調査)で、ETC2.0で取得したデータを活用することを検討している。ただし、移動距離や経路といった項目は取得可能…

エスエーグループ、生産性高い運転者評価

 エスエーグループ(坂中亮善社長、大阪市住之江区)はドライバーの成長を促すとともに、利益重視の方針を反映させるため、新しい人事評価と給与体系へ移行している。車種などで分けられた選択制のコースと、立場に応じたグレード(等級…

メガソフト、「物流倉庫3D」導入増加

 3Dソフトウェア開発を手掛けるメガソフト(井町良明社長、大阪市北区)の、物流倉庫のレイアウトを3DCGで作成できるソフト「物流倉庫3D」を導入する企業が増えている。2021年度(21年9月~22年8月)は、スターターキ…

オススメ記事

国交省/乗務後自動点呼要領案、酒気帯び検知時対面に

 国土交通省は24日、ロボットなどによる乗務後自動点呼に必要な機器・システムや、運送事業者が実施するのに必要な施設及び環境要件、運用上の順守事項、届け出に関する事項を定めた要領案を公表した。事業者に対しては、酒気帯びの検…

道路交通センサスOD調査、ビッグデータ活用拡大へ

 国土交通省は、次回(2025年度)の全国道路・街路交通情勢調査(道路交通センサス)の自動車起終点調査(OD調査)で、ETC2.0で取得したデータを活用することを検討している。ただし、移動距離や経路といった項目は取得可能…

エスエーグループ、生産性高い運転者評価

 エスエーグループ(坂中亮善社長、大阪市住之江区)はドライバーの成長を促すとともに、利益重視の方針を反映させるため、新しい人事評価と給与体系へ移行している。車種などで分けられた選択制のコースと、立場に応じたグレード(等級…

メガソフト、「物流倉庫3D」導入増加

 3Dソフトウェア開発を手掛けるメガソフト(井町良明社長、大阪市北区)の、物流倉庫のレイアウトを3DCGで作成できるソフト「物流倉庫3D」を導入する企業が増えている。2021年度(21年9月~22年8月)は、スターターキ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap