物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

吉田運送、ゴミ3万トン処理完遂 海コン部会仲間と輸送

物流企業

2016/04/07 0:00

 【茨城】「海上コンテナ仲間のネットワークを駆使して、昨秋の豪雨被害による3万トンのゴミ処理を完遂」――。海上コンテナ輸送を主力とする吉田運送(吉田孝美社長、茨城県坂東市)は、2015年9月に発生した関東・東北豪雨災害の負の遺産である隣接する常総市のゴミ3万トンの処理を、今年1月下旬から4月上旬にかけて行った。  発生直後の15年10月には、同社は栃木県小山市からの要請を受けて、ゴミを処理した経緯がある。こうした実績もあって、最大の被災地となった常総市から依頼を受けた。隣接する下妻市や常総市など5カ所に集められたゴミ3万トン分を、1日当たり43台の海上コンテナをフル稼働して処理。かかった期間は約2カ月半にも及んだ。  同社が窓口となって要請を受けた車両は43台のうち31台で、協力会社19社から毎日1、2台のトラクタを傭車として利用。荷台となる箱(20フィート)は全て、ゴミを高温焼却処理する環境サービス会社のものを使用した。天井のふたを取り、ゴミを入れる専用の箱で、作業時間は1台当たり30分程度で終了するという。  ゴミ処理を一括して受注した環境サービス会社の三重県伊賀市の工場までは、東京港や千葉港から航路輸送で行い、井本商運(井本隆之社長、神戸市中央区)が往復航路を担当。環境に配慮した物流構築にも一石を投じた格好となった。  吉田社長は「茨城県内だけでなく、東京や栃木などの海上コンテナ部会の仲間がいたからこそ受注できた。今後も横のつながりを更に強化して、ネットワークの輪を広げていきたい」と、成功裏に終わった事業に安どの表情を浮かべる。(谷本博) 【写真=下妻市のゴミ集積地で積み込み作業を行う吉田運送のトラクタ】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap