物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

島根石見地方4社、石見神楽をラッピング 地元観光PRに貢献

物流企業

2016/03/24 0:00

 【島根】島根県西部・石見地方の運送会社4社は、伝統芸能の石見神楽をテーマにしたラッピングトラックを全国各地で走らせて、地元の観光PRや活性化に貢献している。(矢野孝明)  ラッピングトラックは、島根急送(河野隆男社長、江津市)の2台と、梨田運送(梨田尚彦社長、同)、鳥居運送(中島正之社長、同)、広芸運輸(渋川寿一社長、浜田市)の各1台。大型ボディーの背面を使い、勇壮な石見神楽の代表演目をデザインしているほか、愛嬌あいきょうのあるイラストや自然を背景に取り入れるなど、石見神楽で統一しながら、それぞれ個性的に仕上げている。  県西部の9市町で組織する石見観光振興協議会(久保田章市会長)が企画した長距離トラックを広告塔として活用する事業に協力。2015年8月から16年2月にかけて、各社が導入した。同協議会が1台に付き10万円を上限に、経費の半分を補助。完成後には盛大なお披露目式も行われ、地元の新聞など複数メディアで紹介された。16年度も事業の継続を計画している。  島根急送が自動車部品などを広島や東海地方に、梨田運送は石州瓦を九州に、鳥居運送はパルプ製品を全国に、広芸運輸は木材などを広島や関西方面へ輸送している。観光振興の趣旨を理解する荷主から好感を持たれているほか、行く先々で人目を引き付け、声を掛けられるケースもあるという。  2台を採用した島根急送の河野社長は「観光PRと同時に、広い意味で活性化に役立ちたい。石見地方の出身者は、何らかの形で神楽に携わっている。県外に出た若者が、ラッピングトラックを見て懐かしみ、地元に戻るきっかけにもなって欲しい」と話し、3台目の導入も検討している。 【写真=石見神楽の一場面と地元の風景をデザイン(鳥居運送のラッピングトラック)】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap