物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福通、マレーシア社を買収 トラック運送 東南アで拡大

物流企業

2016/03/21 0:00

 福山通運は15日、マレーシア、タイなど東南アジア4カ国に営業拠点を持つマレーシアの物流会社E・H・ウタラホールディングス及びグループ会社3社を買収する、と発表した。ウタラHDグループはクロスボーダー・トラック輸送に強く、主要ルートであるタイ―マレーシア輸送では、1割超のマーケットシェアを持つ。福通が海外企業をM&A(合併・買収)するのは初めてのことで、アジアを中心に8カ国・20拠点体制が整い、国際物流事業の売上高100億円(2015年3月期は62億円)の早期達成を目指していく。(高木明)  ウタラHDはマレーシアに本社を置き、東南アジア諸国でクロスボーダー輸送をコア事業にしながら、海上・航空フォワーディング、倉庫事業などを展開。自動車部品、電子製品などの現地企業や日系、外資大手を顧客に持つ。  福通では、5月中にウタラHDを始め4社の発行株式の49%を取得。外資規制により過半数ではないが、実質的な経営権を握る。ウタラHDの連結売上高は14億4400万円(15年8月期)。買収額は総額10億円を見込む。  シンガポール―マレーシア―タイは通常、海上コンテナ輸送で約9日かかるが、トラックによるクロスボーダー輸送では4日に短縮されるという。ウタラグループはトラクタ100台、シャシー150台、40フィートコンテナ400個を保有。  また、同区間のクロスボーダー輸送を行うコンテナ積み替え地となるブキッ・カュ・イタム(マレーシア)には敷地面積6万4千平方メートルの輸送ハブ(トラックヤード)を持ち、物流需要を取り込んでいる。  福通では、12年1月に海上フォワーディングの三統(現福山グローバルソリューションズ)を買収したのを機に、国際物流分野へ本格進出。14年10月にはカンボジアに現地法人を設立するなど、カンボジア発日本向けのフォワーディングやベトナムへのクロスボーダー輸送などを開始した。  現在進行中の中期3カ年経営計画で「国際物流事業の拡大・強化」を重点施策の一つに挙げている。15年3月期の同事業の売上高62億円を、最終年度の18年3月期には100億円に引き上げたい考え。岡本泰・執行役員国際部長は「今回の買収により、新たにマレーシアとタイに事業拠点を確保できた。フォワーディング事業と共に、当社のコア事業であるトラック運送事業を東南アジアで拡大、加速させていきたい」と話している。 【写真=クロスボーダー輸送の拠点(ウタラグループ)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap