物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

NACCSセンター、詳細仕様が確定 更なる機能充実を実現

産業

2016/03/10 0:00

 輸出入・港湾関連情報処理センター(NACCSセンター、宮坂寿彦社長、川崎市幸区)は、2017年10月の稼働を目指す第6次通関情報処理システム(NACCS)の詳細仕様を確定した。4月から全国で説明会を開く。システムを統合してから初めての更改となり、同社最大規模の手続きとなる。円滑な稼働に向けた準備を進め、NACCSデータを活用した新規事業につなげる。  4日の情報処理運営協議会で決めた。次期NACCSは、非常時のバックアップセンターへの切り替えにかかる利用者負担を軽減するなど機能を改善。船腹予約業務や危険物明細書作成業務といった企業間業務に加え、保険関連手続きなどシステムの電子化を推進する。輸出入申告官署の自由化など国の新たな施策にも対応。航空、海上それぞれの機能でも最適化を図る。  今回の更改は、航空・海上システムや関係省庁システムの統合後初めてで、同社としては最大規模。利用者数は08年3月の5次更改時に比べ4.5倍の8605社に、提供する業務も820業務から1383業務に拡大した。このため、全国説明会や接続試験を通じてスムーズな移行を目指す。更改後の膨大なデータを活用した新規事業にも早期に乗り出したい考えだ。  同協議会で、宮坂社長は「次期NACCSは更なる機能の充実を実現した。円滑な移行が最大の責務になる。新規事業も早期に立ち上げ、当社の価値最大化を図りたい」と力を込めた。(土屋太朗) 【写真=4月から全国で説明会を開く】





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap