物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

兵ト協、アイナッツ機材を倍増 待ち時間の長期化改善

団体

2016/02/29 0:00

 【兵庫】兵庫県トラック協会(福永征秀会長)は、ナスバネットのインターネット適性診断システム「アイナッツ」の貸し出しサービスを利用する会員が多く、待ち時間が長期化しているため、2月から専用機材を倍増して改善を図った。  アイナッツの貸し出しは、2014年4月から独自にパソコンや運転操作などの機材を1セット導入して開始。利用者の増加に伴い、9月には2セット目を購入した。15年末時点では、16年12月まで予約で埋まるほど需要が高まった。  課題となった待ち時間の短縮に向け、1月に2セット増やし、計4セットに拡充した。現在では、予約すれば7月には利用できるまで改善している。  貸し出し期間は、最短3日から最長2カ月で、利用実態は1カ月、2カ月がそれぞれ半数を占める。適性診断の所要時間は最低90分。事業者のドライバー数で見ると、20~50人規模が70%近くに上る。地域別では、遠方、隣接で偏りなく。ほぼ全域で利用されている。  受診料は、兵ト協が助成しており、機材の貸し出しを含めて会員であれば無料。機材は、取りに来るのが原則だが、利用者の費用負担で宅配に応じている。対象は一般診断に限られ、カウンセリングが必要な初任や適齢などは利用できない。  兵ト協では、会員サービス強化の一環として、アイナッツを支部に整備する取り組みを08年10月に着手。09年6月にかけて丹有、兵庫、西神戸、明石、北播、西播、但馬、淡路の8支部に設置した。  15年2月から16年1月末までの利用実績は、貸し出し分と各支部を合わせて2月が416人と最大、最少は12月の177人で、総数は3777人。(渡辺弘雄 【写真=会員サービス強化の一環として、機材を支部に設置している】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap