物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

鳥ト協青年部西部地区部会、交安教室 視覚障がい者むけ初開催 音やロープで距離体感

団体

2016/01/28 0:00

 【鳥取】鳥取県トラック協会青年部の西部地区部会(米山純司部会長)は13日、視覚障がい者を対象にした交通安全教室を初めて開いた。  県視覚障害者福祉協会(市川正明会長)との共催により、県の点字図書館を会場に、視覚障がい者10人と付き添いのヘルパーを招いた。駐車場に鳥ト協会員の大型トラック2台を持ち込み、実演による講習を行った。  死角体験では、エンジン音やロープでトラックとの距離を感じてもらったほか、乗車によって運転席の高さを実感。交差点での内輪差については、エンジン音と後輪タイヤの接近に時間差があることなどを説明した。  意見交換会では、「音で周囲の環境を判断しているので、トラックが段差を超えて走る音も怖く感じる」などの声が寄せられた。ドライバーの立場からは「反射材を着用すると、夜間でも運転者が視認しやすくなる」と助言。オブザーバーとして出席していた米子警察署の担当者がこれを受け、反射材を贈呈する意向を示した。  初の安全教室は好評で、「中部や東部など県全域で開催して欲しい」との要望もあった。(矢野孝明) 【写真=トラックの前にロープを張り、死角について説明】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap