物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

SGHD、ベトナムでマルチ型 生鮮・医療品取り扱い

物流企業

2016/01/25 0:00

 SGホールディングス・グローバル(SGHG、近藤宣晃社長、シンガポール)は21日、ベトナムの現地法人、SG佐川ベトナム(島崎順二社長、ホーチミン市)が、ドンナイ省・ニョンチャックⅢ工業団地でマルチテナント(複数企業入居)型物流施設、SG佐川ベトナム・ディストリビューション・センターを起工した、と発表した。  冷蔵、冷凍、常温の3温度帯に対応し、生鮮品や医療品の取り扱いを可能にしたい考え。10月上旬に竣工させ、11月1日から営業を開始する。  同センターは、4万4千平方メートルの敷地に建てられる延べ床面積2万9千平方メートルの大型物流施設。南北高速道路へアクセスしやすく、主要港のカットライ港やカイメップ港、2025年開港予定のロンタン新国際空港からも近い。  一般倉庫8100平方メートルのほか、冷蔵・冷凍倉庫2300 平方メートルを備え、生鮮品や医療品のロジスティクス事業を実現。保税倉庫7千平方メートル、物流加工スペース6300平方メートルも併設する。また、同社が持つB to B(企業間)、B to C(企業―消費者)の配送ネットワークや通関機能を生かし、国内外のサプライチェーン(供給網)へサービスを提供していく。  ベトナムは経済成長が著しく、東南アジアの生産拠点や消費市場として各国の企業が注目。ASEAN経済共同体(AEC)の発足や環太平洋経済連携協定(TPPへの参加により、今後は物流量の増加が予測されていることから、同社は高度化する物流ニーズに対応していく方針だ。(田中信也) 【写真=冷蔵、冷凍、常温の3温度帯に対応(完成予想図)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap