物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

経産省、生産性向上で税優遇 中小事業者支援へ新制度

行政

2016/01/21 0:00

 経済産業省は中小企業の生産性を向上するため、国の指針に基づいた計画を策定して認定を得れば、税制の優遇措置や金融支援を受けられる制度をつくる。同省による基本方針の設定に加え、国土交通省などの所管省庁も事業分野別に指針を制定。今後検討を進め、通常国会への提出を目指す。大企業との生産性の差は2倍以上に広がっている。細かな計画に沿った中小企業の取り組みを後押しし、事業者の経営力を高める。(土屋太朗)  15日、中小企業政策審議会の基本問題小委員会(沼上幹小委員長、一橋大学副学長)で経産省が案を示た。今後、中政審を通じて基本方針をまとめる。その上で、事業分野ごとに所管省庁が指針を策定。「運輸業」が選ばれた場合、国交省が担当する。業界団体などの意見を参考にして、分野ごとの現状や生産性向上しに向けた対策事例などを盛り込む。  事業者はこの指針に基づいて「経営力向上計画」をまとめ、所管省庁に申請する。目標や設備投資計画、財務諸表の自己分析などが必要になるとみられ、認定されれば、固定資産税の減税など優遇措置を受けられる。経産省では、認定事業者を対象とした補助金の創設なども検討する。計画提出を促進するために、商工会議所などがサポートする体制づくりも進める。  同省によると、生産性とは営業利益、人件費、減価償却費の合計である付加価値額を示す。2014年の従業員一人当たりの生産性をみると、非製造業では大企業が1212万円(12年比4.5%増)。一方、中小企業は570万円(3.6%増)と差は2倍以上で、年々拡大傾向にある。中小企業を支援する新たな法制度を設け、日本全体の経済成長につなげる。  15日の小委でも、これまでの検討状況を整理し、中小企業の生産性向上の必要性を確認。意欲を引き出すための仕組みづくりや、業種の垣根を越えてノウハウを活用していく方針を示した。 【写真=事業分野ごとに所管省庁が指針を策定する案を提示】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap