物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

愛知ト協食料品部会、和ト協部会員と意見交換 交流継続し結束深める

団体

2015/11/12 0:00

 【愛知】愛知県トラック協会の食料品部会(小笠原忍部会長)は2日、名古屋市で、和歌山県トラック協会の食料品輸送部会(横山郁芳部会長)と意見交換会を開いた。  横山部会長が「当部会は8年前の今日、青果物の輸送事業者を中心に誕生した。県内の農業協同組合が入札制となって運賃のダンピングが起きたことに対し、本当の意味でのコスト削減を目指して40社で集まったのが始まり。基本的な悩みはどこも同じだと思うので、県外の物流環境を学ばせてもらうとともに、一つひとつ交流を深めてネットワークを築くきっかけにしたい」とあいさつ。  小笠原部会長も「この地域は自動車産業の景気に左右され、食料品物流もその動向の影響を受けるため波動が大きい。消費地として見れば、愛知は都会になりきれていない規模の地域でしかない。この中でどうしたら生き残っていけるか、ざっくばらんに意見を交わしたい」と述べた。  両部会から10人ずつが参加。互いの活動状況について報告した後、建設業への人材流出が進む現状などを紹介した。  今後は、両部会ともに交流がある九州の部会を巻き込み親睦を深め、食料品輸送業界の結束を高めていくことで合意。  横山氏は「荷主の成長だけで事業が拡大していた過去の考え方のままでは、運賃が下がるばかりだ。これからは荷主 共に成長戦略を考えていく時代。九州では、環太平洋経済連携協定(TPP)の締結を機に、海外への青果物輸出の勉強会などが活発化していると聞く。困難な問題にも皆で団結して挑めるように、継続的な交流の場を設けて欲しい」と締めくくった。(梅本誠治) 【写真=建設業への人材流出が続く現状などを紹介】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap