物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

昭和冷凍、トラックの背面に子供の絵 優しさで事故防止

物流企業

2015/10/29 0:00

 【静岡】昭和冷凍(渡辺正仁社長、静岡市清水区)は21日、子供が描いた絵をトラックのボディー背面にプリントした車両1台を納入した。宮田運輸(大阪府高槻市)の宮田博文社長が2014年8月から開始した「こどもミュージアムプロジェクト」に賛同し、取り入れたもの。今年9月以来、4台目の導入となる渡辺社長は「大変良い取り組みで、今後も推進していく」と、年内納車予定の新車7台へのプリント準備も進めている。(奥出和彦)  3トン冷凍車の背面に、同社従業員の子供2人が描いた2枚の絵をプリント。カラーで発色が良く、遠くからでも目立つ奇麗な仕上がりだ。満開の桜の木を背景に、両親の顔が優しく描かれている。「やさしいきもちが、みらいをつくる」と記したプロジェクトのロゴマークも施した。  当日は、宮田氏や県内でプロジェクトの仲介役を担うバハティ(静岡市駿河区)の植村千恵社長も駆け付けた。  宮田氏は「13年に起きた事故をきっかけに自社だけでなく、世間のためになるトラックの生かし方が無い――と検討し、思い付いた。スタート後、絵について問われたり、写真撮影されたりと、世間とのつながりを意識でき、何よりもドライバーが優しい気持ちで運転するようになる。実際に商品事故を起こさなくなった」と説明。  渡辺氏も「紹介してもらい、すぐに導入を決めた。事故対策をいろいろ考えていたが、目先が変わっていて、優しさや気持ちが伝わるところに共感した」と話した。大潮誠常務も「冷凍車は後部の扉から出し入れするので、絵を確認する機会が多く、気持ちをリセットできる。とても良い効果がある」と言う。  宮田氏は「全国各地に拡大し、1件でも悲しい事故の減少につなげたい」と力説。双方でプロジェクトの啓もうに努めることを約束した。 【写真=満開の桜の木を背景に、両親の顔が優しく描かれている】





本紙ピックアップ

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

オススメ記事

建材価格高騰、施設開発コストに影響

 建設資材の価格高騰により、倉庫や物流関連施設の建設コストが上がっている。日本建設業連合会(宮本洋会長)のまとめによると、2021年1月から22年11月までに建築部門の資材価格は平均29%、労務費、仮設費、経費などを含め…

国交省/高速道「深夜割引」見直し、50㌔ごとアンテナ設置

 国土交通省は、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社とともに発表した高速道路通行料金の深夜割引の見直しに向けた工程として、50㌔ごとにフリーフロー(ETC無線専用)アンテナを設置し、走行距離を把握する方針だ。新たな割引…

寒波襲来で交通混乱

 24日夜からこの冬一番の寒気が流れ込んだことで西日本や日本海側などの各地で大雪となり、交通網に大きな影響を及ぼした。京都市など普段雪の少ない地域でも雪が積もったほか、岡山県津山市では観測史上最大となる46㌢の積雪を観測…

ジャパンリリーフ/運転者求人サイト「運転ドットコム」、幅広いプランで3月始動

 人材サービスを手掛けるジャパン・リリーフ(般若真也社長、東京都港区)は3月1日から、ドライバー専門の求人ウェブサイト「運転ドットコム」を始動させる。求人を掲載する企業が応募者に向けた見せ方を選べるように幅広いプランを用…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap