物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

昭和冷凍、トラックの背面に子供の絵 優しさで事故防止

物流企業

2015/10/29 0:00

 【静岡】昭和冷凍(渡辺正仁社長、静岡市清水区)は21日、子供が描いた絵をトラックのボディー背面にプリントした車両1台を納入した。宮田運輸(大阪府高槻市)の宮田博文社長が2014年8月から開始した「こどもミュージアムプロジェクト」に賛同し、取り入れたもの。今年9月以来、4台目の導入となる渡辺社長は「大変良い取り組みで、今後も推進していく」と、年内納車予定の新車7台へのプリント準備も進めている。(奥出和彦)  3トン冷凍車の背面に、同社従業員の子供2人が描いた2枚の絵をプリント。カラーで発色が良く、遠くからでも目立つ奇麗な仕上がりだ。満開の桜の木を背景に、両親の顔が優しく描かれている。「やさしいきもちが、みらいをつくる」と記したプロジェクトのロゴマークも施した。  当日は、宮田氏や県内でプロジェクトの仲介役を担うバハティ(静岡市駿河区)の植村千恵社長も駆け付けた。  宮田氏は「13年に起きた事故をきっかけに自社だけでなく、世間のためになるトラックの生かし方が無い――と検討し、思い付いた。スタート後、絵について問われたり、写真撮影されたりと、世間とのつながりを意識でき、何よりもドライバーが優しい気持ちで運転するようになる。実際に商品事故を起こさなくなった」と説明。  渡辺氏も「紹介してもらい、すぐに導入を決めた。事故対策をいろいろ考えていたが、目先が変わっていて、優しさや気持ちが伝わるところに共感した」と話した。大潮誠常務も「冷凍車は後部の扉から出し入れするので、絵を確認する機会が多く、気持ちをリセットできる。とても良い効果がある」と言う。  宮田氏は「全国各地に拡大し、1件でも悲しい事故の減少につなげたい」と力説。双方でプロジェクトの啓もうに努めることを約束した。 【写真=満開の桜の木を背景に、両親の顔が優しく描かれている】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap