物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東京貨物タ駅/大規模施設、三井不が企画・管理 JR貨物「鉄道事業と相乗効果」

産業

2015/10/19 0:00

 三井不動産は、日本貨物鉄道(JR貨物)が東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)内に建設する国内最大級のマルチテナント(複数企業入居)型物流施設の、開発計画の企画立案、テナント誘致を請け負う。完成後は管理・運営も担当する。15日、両社が発表した。  三井不動産は4月、ロジスティクス事業を国内事業の新たな基盤とすべく、「ロジスティクス本部」を新設。これまで16物件の開発を行っているが、今回の案件が初めての大規模マネジメント事業となる。  今回の施設は「エフ・プラザ東京N棟(仮称)」で、地上5階建ての免震構造。延べ床面積は16万1千平方メートルで、2019年 10月に着工し、21年10月に竣工する。東京港国際コンテナターミナル、羽田空港貨物地区、高速道路インターチェンジ(IC)まで2~4キロメートルと好立地だ。  各階に大型車両が乗り入れられるランプウエーを2基備える。最新鋭の技術を用い、安心・安全に配慮する。物流の効率化、冷蔵冷凍倉庫機能、Eコマース市場に対応できる設備など、様々なニーズに応えられる施設とする。  また、隣接地では、「エフ・プラザ東京M棟(仮称)」が18年1月に着工し、19年8月に竣工する見込み。M棟も地上5階建ての免震構造で、延べ床面積は6万1千平方メートルを予定している。JR貨物では「時代のニーズに合った物流サービスを提供できる拠点にするとともに、鉄道事業との相乗効果を生み出していく」としている。(高橋朋宏) 【写真=21年10月に竣工するエフ・プラザ東京N棟(完成予想図)】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap